2017.4.23 ツイッターから転載…小説『仙覚』覚書(30)越後の女性、『「法華玄義」入門』のこと。腰越の講座の募集が始まりました&タウンニュース鎌倉版コラム第16回が掲載されました。

20

腰越学習センター講座【鎌倉と源氏物語ーその華麗な歴史絵巻ー】のチラシです。
5月20・27日(土)午後2時〜4時。場所:腰越学習センター。無料。往復ハガキにて応募。5月10日必着。問合せ:0467-33-0712

4月20日
『法華玄義入門』を読むほどに仙覚が大変な生涯だったにも関わらず万葉集に精魂傾けられたかがよくわかる。仙覚はやはりただ万葉集を好きだったからとかでなく、天台宗僧だったのですね。これは国文学的観点からだけでは見えて来なかった問題。仙覚の小説、万葉集研究史でなく精神史になりそう。

疲れたので早々に就寝し3時から起きて読んでいました。読むほどに私も心が澄んでいくのですが、これって久しぶり。というか、初めての気がする。天台宗。空海の密教から仏教に入ったから一番対局的な宗派として一生ご縁がないものと思っていたのですが。これからまた寝ます。おやすみなさい。

改めておはようございます。天台宗の祖智ギは法華経の薬王菩薩本事品二十三まで読み進んで「突然身心がからっとして静かに禅定に」入られたそう。私は遺跡発掘調査で経石に書かれた法華経を読んでいるから大体の内容は知っているけど物語的内容の経典で智ギがご悟った事に驚きました。教義でないのに。

法華経は具体的な物語形式で綴られていて、それがどういう教え(教義)かは書かれてない。しかも智ギは読んでいたのであって坐禅をしていたのでもない。このあたり、私の今までの仏教に見ていたものと全然違って、???、です。修行が足りない! 笑

4月21日
おはようございます。タウンユース鎌倉版コラム【鎌倉と源氏物語】第16回「朝廷と幕府の取り次ぎ役 西園寺実兼は『雪の曙』」が掲載されました。http://www.townnews.co.jp/0602/2017/04/14/379481.html

『とはずがたり』で書くことがあるなど思ってもいなかったから、京都を訪ねても写真を撮ってなくて掲載の写真に悩みました。でも、ふと気がついて、鎌倉に特化したとはずがたりなのだから、実兼が関東申次時代に建立された円覚寺様なら時代がよくわかっていいかな…、となって撮らせて頂きました。

『「法華玄義」入門』の本の栞紐。平織りの先が磨り減って細くなった先端が辛うじて本からはみ出す長さしかない。平織りでさえなくなっていて使いたい気が起こらないでいたのだけれど、今ふっと使ったら、あっ!、となりました。丁寧に何度も何度も繰り返し同じ頁を読む頻度が高い本だからなのだ〜と。

天台教学の根本構造は、三観によって三惑を破り、三諦を観察し、三智を完成することです……。というような文章が並んでいるのですが、不思議と心が落ち着きます。智ギが教義でなく物語で悟りを得たことが脳裏から離れず、いわば人の振り見てみたいな、頭で理解することの対局にあることなのかと。

こういう心の落ち着きを仙覚が持っていたとしたら、それは強いわ〜、と納得。万葉集 に生涯をかけた精神力は天台宗寺院 に育ったからですね。単に悉曇という具体的な示唆を得ただけではなかったんです。定家が摩訶止観に法名をとるほど傾倒したのもわかります。

4月22日
おはようございます。玄覚の母という人は越後の女性。史料に全く登場しないから悩んでいました。が、昨夜、越後の人なら書けるじゃない〜という気が。律子さんという名前にしようかとも。母の母。祖母です。名前の通りの人だったと聞いています。人間は科学で滅びるよと言ってたそう。明治の人なのに。

と、そんなことを考えていて、仙覚は律子さんに素性を明かしただろうかと考えて、明かさなかったとすることに。仙覚は一生例え心を許した人でも明かさなかった。ただ玄覚一人を除いては。律子さんはそれを感づいてはいるけど黙認。越後の女性の強さを書きます。為兼の遊女初君もそうでしたものね。

|

2017.4.20 ツイッターから転載…小説『仙覚』覚書(29)玄について。「広報かまくら」に応募要項が掲載されて、腰越の講座【鎌倉と源氏物語】の募集が始まりました。

4月16日
おはようございます。白い山吹も咲きました。滝のように枝垂れる黄色い山吹が入り込んできています。シロヤマブキは山吹とは別属らしいですね。枝垂れずに立木のままです。花弁が4枚。山吹は5枚。

7

4月17日
おはようございます。昨夜船越英一郎さんの京都の極みで善峯寺を観てやっとほっと。山寺なんですね〜。ガイドで読んではいたけど。都幾川の慈光寺に似た雰囲気でした。とても。山寺の上に学問道場的な場だったことが同じだからでしょうか。桜が全山覆っているところも。伽藍は新しいそうで残念でした。

善峯寺までタクシーで行けるとしても、境内に入ってからもあの石段。船越英一郎さんも最後には足が疲れて躓かれてました。山頂からの眺めの京都市内は見たいけど行ったら一ヶ月は疲労困憊になりそう。(カメラが重いし)。気持的にもう諦めています。行かなくても敦煌や水駅の例もあるしと。

自著を語るという寄稿のお話を頂いてパワポの後と思っていたのに朝から冒頭が湧いて今日書くことに。『源氏物語と鎌倉』。刊行から数年も経っているのに鎌倉の方が大切に思って下さるのが嬉しい。源氏物語と万葉集は世界に関する文学ということをこれから強調しようかな!鎌倉を抜けて。世界的視野に。

『源氏物語と鎌倉』は2011年12月の発行。それから鎌倉で普及活動をして数年になります。フォロワーさんの中には飽きてしまわれた方もいられると思いますが、文化の普及には時間がかかります。当初3年は見たのですが数年たってやっと曙光が見えたところ。一般市民の方に拡がるまでまだまだです。

その間に仙覚が私のライフワークになりました。なので気持的に今は『万葉集』に以降。活動と並行して。

通りすがりの小学校に鬱金の桜が。午後の授業開始のチャイムとともに。

Photo

今日は自著を語るを書いてしまう予定だったのに、道中のお供で持って出た『『万葉集』における帝国的世界と「感動」』を拝読したらのめり込み、それから悪天候予報の対処にDIYめいたことをしたらすっかり気分が拡散。夜になって書き出してみたのですが核心が見えない。明日から多分パワポです。

4月18日
おはようございます。一番ひどい予報だった3時から6時を気づかずに眠っていたのでどんな状況だったかわからないのですが、庭は荒れてません。昨夜の自著を語るが書けなかった愚痴ツイートをくだらないから削除しようと思ったらRTされていて、?。理解不能になりました 笑。今日からパワポです。

腰越の講座のパワポ編集に入りました。最初に時間をかけて金沢文庫の紹介をします。鎌倉の源氏物語は金沢文庫から始まるのに、鎌倉の方がほとんどご存じないので。当主は3人。こちらは創設者の北条実時。尾州家河内本源氏物語に奥書を残されました。

8

金沢文庫第2代当主北条顕時です。少年時代から宗尊親王に近似しているから優しい文人タイプの方。後に禅宗に帰依します。霜月騒動では妻が安達泰盛娘だから下総に配流されますが、復帰後は人柄で幕府内で頼られる人に。個人的に私は1番この方が好き。

9

金沢文庫第3代当主北条貞顕です。長く六波羅探題に就任し、その間に京都中の名園を見て回り、それを生かして鎌倉に帰ってから称名寺の庭園整備に着手。それが現在の称名寺の浄土式庭園です。鎌倉滅亡時には高時らと東勝寺で自害して果てました。

10

と、三人の金沢文庫当主の方々をご紹介させて頂きましたが、三人の生涯をたどると鎌倉時代後半の政治情勢や人間関係、文化等が具体的に見えてきます。それほど金沢文庫は鎌倉と密接な関係にありました。三人の方々の肖像画は国宝で、4月28日からの特別展「国宝 金沢文庫展」に出展されます。

追記:別に私は金沢文庫の回し者ではないのですが、私と金沢文庫の関係はたまたまで、文学に挫折して苦しんで仏教に救いを求めた時、その講座の講師の方が金沢文庫の主任学芸員(後に文庫長)でいらして多くを教えて頂いて、そうして展示毎に通うようになったら名品展で源氏物語をみつけたのでした。

メモ:「玄」は奥深くてよく見えないことを意味します。特に『老子』において道を指す言葉として使われたことから道家思想において重視される言葉となったようです。したがって「玄義」は奥深い思想内容といった意味と捉えることができると思います。(菅野博史氏『「法華玄義」入門』より)

4月19日
パワポの編集は、冒頭に金沢文庫歴代当主の紹介を入れようと思って始めたのですが、やはり最初に【鎌倉に「尾州家河内本源氏物語」という『源氏物語』の写本がありました】と、いつもの雅な流れで始めたくなり、「夢浮橋」巻に北条実時の奥書がある→金沢文庫の紹介、の順にしました。

定番になった講演の冒頭のスライド。ここから源氏物語の写本のドラマが始まります。最後は「鎌倉の滅亡時に流出して、現在は蓬左文庫の所蔵になっています」と。原稿的に考えている時は主人公は光行さんなのですが、パワポでは写本が主役です。

11

メモ: 道教まで遡らなくても、玄覚の玄は『法華玄義』の玄でいいかも。『摩訶止観』と並ぶ天台三大部のひとつというし仙覚は読んでいたはず。なんとなく仙覚に摩訶止観の匂いが感じられないでいたのだけれど、法華玄義には感じる。摩訶止観は実践、法華玄義は教義。そんなところにあるのかも。

4月15日号「広報かまくら」に応募要項が掲載されて、腰越の講座【鎌倉と源氏物語】の募集が始まりました。定員30名で市内在住の方優先だそうです。もうお問合せが数件きているそうです。鎌倉も源氏物語も、漢字で見るだけで華やかですものね。

12

通常は講座名だけのところを、広報の担当者さんの特別のはからいで、「鎌倉の河内本源氏物語写本に関わった人々についての講座」と内容も入れて頂いたそう。ありがとうございます! 特に「写本に関わった」がいいですね!

しつこく済みません。以前、多摩の交流センターの日曜講座でした時、徹底して写本メインでお話したら、終了後に「展覧会に行っても写本は地味だから飛ばしてたのに、写本にこんなに深い思いが込められていたなんて。今度から写本を見ます」とご感想を頂いて嬉しかったです。

|

2017.4.16 ツイッターから転載…小説『仙覚』覚書(28)時房とジバゴ。渡辺麻里子氏「天台仏教と古典文学」より『源氏物語』と天台宗。腰越の講座のレジュメ作成など

4月13日
おはようございます。昨日は時房の父時政について読んでいてイメージ一新。なんと伊豆の館では京都系の手づくねのかわらけが出土していて、それが頼朝の幕府開創以前のものという。つまり時政はこの時期すでに京と交流してその文化があったんです。

さらに15,6歳頃、同世代の伊豆守吉田経房と親しくしていて、それで京都守護として在京した時、経房を介して後白河院との折衝も楽にいったと。頼朝から何の地位も授けられない伊豆の地方武士と、どこか侮った見方をされている時政でしたが、それは発表されている学者さん達の偏った見方なのでした。

光源氏のような時房が何故突然変異的に生まれたかが謎で、それは京都の女性が母親だったからとしか思えないとして、時政の在京時期を調べたらこういう結果に。時房がこの伊豆の館で生まれ育ったかなど、時期や位置の整合性はまだ探っていませんが、一般に普及している歴史上の人物のイメージが学者さん方の上から目線ということは仙覚や光行で経験済です。

先週お知らせ頂いたタウンニュース鎌倉版コラムの掲載。14日の予定でしたが延期になりました。関東申次西園寺実兼で関東申次を調べたら吉田経房が初代とわかり、その吉田経房が仙覚の小説にも関係してきてさらに昨夜時政にまで。まるで縦横無尽の網の目状。人と人、時間との繋がりが歴史ですものね。

昨日の井の頭公園です。花びらが散って花筏ができていました。風が吹くと花吹雪になるのですが、もう花びらが足りないからブリザードみたいにはならず残念でした。

1

仙覚メモ: 「似ている……」と、時房は思った。← 成長した仙覚に会った時房が呟く。時房は比企時員の蹴鞠仲間だから仙覚の素性をその時直感する。← と、これは重要。超重要。どこで会わせるか、それはずっと先だけれど。← ドクトルジバゴのラストが浮かんだら突然この発想。仙覚=トーニャ。

時房と基子さんをずっとどのようにしようか考えていて、なんとなくドクトル・ジバゴが浮かんだのでした。ということは、基子さんはラーラ?

何かがはじけてしまいました。やっと本業の作家に戻るのでしょう。長かった。ここに来るまでの道。

4月15日
おはようございます。仙覚の小説、今まで私は20年来二人三脚のようにして文学を共にしてきた先輩の方がいるのですが、彼女が昨年手術をされて回復が思わしくなく心配していました。彼女に捧げる本にだけはしたくないから存命中に仕上げないとと悲壮な覚悟をしています。先週彼女から大丈夫ですと連絡があって、心からほっとして書き出している仙覚の小説をお送りしました。

今朝メールを頂いて、毎日絵のようにして読んでいますと。絵のようにというのは人物相関図のこと。『源氏物語と鎌倉』のように系図があるといいと。薔薇の名前のように1冊になれば一気に読めるでしょうけれど、まだ無理ですね。

青空に木蓮が映えています。

2

プランターに自生している菫も咲きました。

3

滝のように枝垂れる山吹が綺麗です。

4

今武蔵野の雑木林の中を歩くと菫が群生しています。菫はほんとうにいいですね。なんか感動します。我が家のプランターの菫はそういう野の菫がふとしたことで自生するようになって、毎年咲いてくれます。

たしか今日は善峯寺の船越英一郎さん京都の極み放映日。「桜の花びらがぽっと現れ、私は突然書く決意をした」で始まる玄覚回想録形式の仙覚の小説。桜の季節には訪ねたいと願いながらまだ叶っていないのですが、考えてみたら春に書き始めたのだから完成は五月とかで、訪問はその頃でいいとなりました。

大いなる勘違い。今日がてっきり16日の日曜日だと思ってのツイートでした。だから放映は明日。本局に郵便物を出しに行って、明日届きますかと尋ねたら、明日は通常配達がないのでと言われ、?、となって帰りました。明日が日曜日なら配達がないくらい知ってたのに。速達にしました。

笠間書院様のツイートに触発されて『『万葉集』における帝国的世界と「感動」』を購入しました。万葉集は今でも世界的文学ですが、もっともっと世界に広まればいいと思います。トークイル・ダシー氏は『アナホリッシュ国文学』創刊号の万葉集特集号でもお馴染みの方。いいですね!

用があって久しぶりに取り出した始めて書いた論文「冷泉為相と武州金沢称名寺」。参考文献の五味文彦先生『明月記の史料学』が科になっていて、それをご指摘頂いたのが『蹴鞠の研究』の桑山浩然先生。もう亡くなられて何年になるでしょう。何も知らないで書いていた頃の懐かしい思い出です。

図書館に行ったらあったので借りてきたのですがこういう本をじっくり読みたいのですが…。摩訶止観と共に天台三大部のひとつ。ほんとうは仙覚の精神を知るにはじっくり読まなくてはいけないんですよね。仙覚の小説、早く出したいとどこか焦ってます。

5

慈光寺の桜はどうかしらと以前訪ねた時の写真を見たら、これが2012年4月24日。今頃が最盛期? 去年は4月12日でもう咲いていました。慈光寺、なんか懐かしくて胸がきゅんです。仙覚を調べ出して訪ねるようになって何回行ったでしょう。

6

「賢木」では、雲林院に参籠した時のことに、「六十巻という文読み給ひ」とあり、智ギの三大部に加え、湛然の『法華文句記』『法華玄義釈籤』などを読んでいる場面が記されている。また「橋姫」の一節で宇治の大姫・中君が琵琶を合奏した折「扇ならで、これしても月はまねきつべかりけり」と述べる場面には『摩訶止観』巻一上の一節を利用していると指摘されている。このように、『源氏物語』には、天台思想を反映した箇所が多く見出される。(中略)ここまで見てきたように、平安貴族や王朝の女性たちの『法華経』や天台三大部の理解はかなり深く、天台の教学にも精通していた。なぜそこまで深めることができたのであろうか。清少納言や紫式部が天台の教えに詳しいその理由として、実際の生活の中で、作品内の世界同様に頻繁な公私の法会があり、法華八講などで経文の講説を聞く場面が多くあったから知識が備わっていた。(渡辺麻里子「天台仏教と古典文学」)

腰越の講座の第一回目の配布資料を作って送付完了。今日からパワポの編集。しばらく仙覚の小説にはかかれないから、ちょうどいいからその間天台の教学などぱらぱらと拝読することに。天台宗の僧侶の方がほんとうに身近にいられなくて、天台の教義の中心てなんだろうとそればかり考えています。

|

2017.4.13 ツイッターから転載…小説『仙覚』覚書(27)基子さんのキャラ設定と時房。広尾の図書館に行ったことや桜のこと等

4月9日
メモ: 光能が福原京にいた時光行と知り合っている。光能亡き後、遠子は光行と交流して源氏物語に深まる。平家滅亡の後、鎌倉に下った光行は遠子の妹の基子を知り、基子が京の遠子から源氏物語を贈られて読んでいるのを知って仲が深まる。と、こんな関係が書ける? 祖父・父・娘くらいの年齢差。

仮寝して起きました。執筆にかかるとこの時間帯になるのはたぶん身体がそれに慣れているから。前後不覚に仮寝を要求してきて起きた後はサッパリ。源氏物語ファンの基子さんを書いたら俄然話が膨らんだのですが、今これを岩殿観音の章に入れたら比企の乱の悲劇が中断されてしまう。いつか入れたい。

おはようございます。ボードレールの誕生日だそうですがほんとうに文学の力は大きいです。昨夜基子さんが源氏物語に憧れる少女だったと書いて、繰り返し繰り返し読んでいるうちに人生を知ったと自動筆記的に書いたら、続けて、それが基子を生かし、父仙覚を生かしたと。玄覚の回顧録で構成しています。

摩訶止観。図書館に行かれず入手できないまま原稿にかかったらもう余念がいらなくなってそのまま原稿に没入。遠子さんを陶子に変更。基子さんの身体的キャラに迷い中。昨夜ついに基子さんが岩殿観音に到着しました。次の段落で時房を書きます。複雑な役割で重要なキャラになる予感。想定外の展開。

緊急に岩殿観音にロケに行きたいのですが、体力が。今週中にでも行かなかったら原稿が先に進んでしまう……。岩殿観音はもう何回も行ってるのですが、書き始めたら行ったことのない一画。盲点でした。

たおやかなお人じゃ、と刑部は感じた。←基子さんのキャラに対して初対面の相手にそう呟かせることにしました。で、意味を間違っているといけないので確かめたら、姿・動作の美しいこと、とありました。

伊豆大島近海のところに複数の地震が重なっています。 (複数重なっているから黒い丸の一つに見えています)

5

気象庁地震情報を見たら、9日18時9分M2.5が最初だったようです。

4月10日
おはようございます。といっても私はこれから就寝。昨日書いた基子さんのキャラが不満で終日考えていたら、たおやかな人の語が浮かんで、そうしたら流れが合わなくなって基子さんの段は最初から仕切り直し。時房について調べたら容姿端麗、所作優美と。これはますます想定外に時房が膨らみそうです。

仙覚の小説なのにまだ仙覚は生まれてません。なのに時房が膨らんでしまって、どうするの! とは内心の声。時房は竹御所の臨終にも関係してきます。鎌倉は若宮大路脇に時房邸跡碑がありますよね。もっと知名度の高い他の武将の方々のは無いのに、なぜ時房だけ? とずっと疑問。

とんでもない展開を思いついてしまいました。それは刊行するまでここには書きませんが、もともと仙覚は誰かの研究発表を論文でなく小説の形態で書こうとしていたものだから真面目すぎるとは思っても、それでいいとしていました。が、ここにきてこの展開。これぞ小説というところに来たと思います。

これだと、たおやかな人の基子さんが書ける……。やはり小説を進めようとしてプロットどおりに書いても無理。結局自分で面白くないんです。

たおやかな人、の語に誘発されて昨日までとはまったく違う描写で文章が進んでいます。崖、まで登場して。

若宮大路沿い、鶴岡八幡宮に向かって左側にある北条時房邸跡碑です。小町通りに抜ける路地を入るとすぐにありました。割と鶴岡八幡宮寄りの場所です。

6

明日は満月なんですね。カレンダーを見てふと気づく。私は今月何を充実したのだろうと考えて、今書き進めている基子さんと時房の関係の構築がそうだ! となりました。今日は全身全霊をあげて没頭。それほど進んでいませんがいい手応え。疲れました。

4月11日
深大寺の近くの公園にある枝垂桜です。今年はお花見に行かれないから過去の写真を。2015年撮影です。2008年から毎年、毎日近辺の桜を撮りに行っていました。なので勢いの変遷がわかります。この頃が最盛期でした。

7

深夜に浅田真央さんの引退を知って見ていたTVでのどなたかの発言。記録は薄らぐけれど記憶は消えない。ほんとうにそうだと思います。

時房のことで観念の想起ということを考えているので真央さんに向けた記録と記憶の違いの言葉が心に沁みました。私がプロット的に書き進んだ時の文章は記録。時房についてとんでもない思いつきをしてそれを考えていたらじわじわとセリフやシーンが浮かんで、これが想起。心に深く入り込んでいます。

雨の有栖川宮記念公園の枝垂桜。

8

広尾の都立図書館で時房と天台宗の教義についてコピーして来ました。

4月12日
おはようございます。昨日図書館でコピーした時房の資料を読みながら帰ったら、時房は母が足立遠元の娘となっていて、え、遠元娘は妻じゃないの? と衝撃。それでは仙覚の小説の構想が成り立たなくなります。心を落ち着けて深夜今迄見ていた資料や系図等をあたり、私なりに決着をつけました。

原因は足立系図の遠元娘の項に「修理権大夫平時房朝臣遠江守時直等母也」とあること。これは時直の母と解釈すべきで、時房朝臣の次にあるべき「妻也、」の文字が抜けているのだと思います。系図を見て年齢的に不具合と思ったら確かめてから論文なり活字なりにすべきですよね。

ということで仕切り直しですが、内心焦ったからすっかり昂揚していた気分が抜けてしまいました。が、ここで書いておくと、時房は思った以上に光源氏的魅力のある武人でした。政子に従って上洛した際、後鳥羽院の蹴鞠に子息の時村と参加したりしています。これから時房の雅の原点を探します。

半日陰ならフォスタがいいと以前mixiで教えて頂いていろいろな種類のフォスタを集めました。まだ芽が出ないのもあるのに、こちらはこんな。

9

土筆が出ていました@井の頭公園

10

今日は『源氏物語と鎌倉』を出して下さった銀の鈴社さんが、今年の刊行カタログに紹介して下さって、それが届きました。「紙の本への感謝」。心を込めて書きました。こちらが研究書として出して下さっての今の活動があります。

11

最初私の講演が写真が綺麗だからムック本のようなガイドブックで出しませんかとのお申し出でした。でも折角出すならと溜めていた論文三本を持参したらその場で研究書でいきましょうと。それが学会の理事の方のお目に止まって、建長寺様の研究会でも語らせて頂いて。という流れです。

井の頭公園の夜桜を観に行って来ました。

12

|

2017.4.9 ツイッターから転載…小説『仙覚』覚書(26)。庭仕事が終わったらすっかり健康的になって気分が変り、仙覚の小説を書き進めています。

4月6日
茂みに茂った木工薔薇の茂みを切って空間を作ったらこの家に来てすぐ植えた蔓性の白薔薇の幹が見えて、こんなに逞しくなっていたのか!と感動。延びた枝をいろいろ引っ張ってアーチを作りました。咲くのが楽しみ。

昨日くらいまで庭仕事を早々に終えて仙覚の小説にかかると悲壮な覚悟をしてたはずだったのに……泣。気持ちもたしかに仙覚に入っていたはずなのに庭仕事という健康な作業が作業の完了とともに心身ともに健康をもたらしてしまいました。この勢いで腰越の講座の準備をするのが正しいのでしょう。多分

小さな小さなブルーベリーの花の蕾。蜜蜂が一匹移植したばかりのブルーベリーの木の周りをずっと飛んでいるので、まだ花も咲いてないのにと目を凝らしたらこんなに小さい花の蕾が。自然は凄いなあと朝から感動。蜜蜂が教えてくれました。

1

今咲いているのは紫の色がとても綺麗なこの花。冬の間放置していたのですが、冬も葉の緑が保たれていて強いなあと思っていました。蔦の茂みに混じって咲いてくれています。(どうも私は蔦とか蔓性とか、茂るのが好きで……)

2

おはようございます。というわけですっかり仙覚の悲壮な境地から離れてしまった最初の朝です。仙覚は自分が不幸でなければ書けないから必死になって大変な境地に自分を追い込んでいたのですが。昨夜はもう歴史ものにも気が向かず考えて手にしたのが円仁。小説に入ったらすぐ必要になるから準備です。

この世界にだけは足を踏み入れたくなかった。道教。順調に書けるとばかり思っていた仙覚の小説の岩殿観音の章が先送りされて、その間に準備するよう仕向けられたのがまさかこれだったとは。円仁が唐に向かう途中に新羅の人から道教の示唆を得て帰国後も比叡山に。仙覚の仙はまさか神仙思想の仙?

昨夜突然円仁が復活して、そうしたら朝になって、道教だ!、となりました。久々の地元の図書館に円仁の入唐求法巡礼行記を借りに来て道教関連の本も物色。今まで仙覚の仙は素性を隠して生きる、すなわち身を隠して仙人のように、の漢字選択と思っていたのですが、もっと積極的なのかも。

円仁『入唐求法巡礼行記』より。承和5年(838)7月23日。円仁ら三人の僧はぜひとも天台山に行きたい一心で、赤山院にふみ留まっている。何度も旅の行程を聞いたところでは、天台山目指して南に向かって行くにはその道のりはとてつもなく遠いという。しかし、聞くところによると北に向かって巡礼するなら五臺山があり、この地から行くと二千余里ばかりであるという。いつも五臺山の聖跡について聞いてみるのだが、非常にすばらしいものがあり、こういうことを聞くと、いま滞在している赤山が五臺山の聖境に近いことを大変喜ばしいことと思った。

円仁は日本に帰る船に置いて行かれて茫然として赤山院に居住することになり、そこで五臺山の話を聞き天台山を諦めて五臺山に。←これ、実際に円仁が書いている文章。こういうものが読めるなんてと驚きです。鎌倉時代でも読まれていて日蓮が言及した文章も。仙覚も読んでいたと私は考えています。

でも入唐求法巡礼行記では円仁は道教については書いてられませんでした。赤山院は新羅の張宝高が建てた道教の聖地。中国山東省にある。円仁が遺言で弟子たちに無事に求法の成果を得て帰国できたのは赤山神の守護によるものだから勧請するように言い、弟子たちにより創建されたのが比叡山の赤山禅院。

ということは、円仁自体に道教信仰があったわけでなく、仙覚がそれを知ったのは求法記からでなく、後に上洛した時に比叡山に登って赤山禅寺を詣でて道教との関係を知った、ということにする?

4月7日
庭仕事ですっかり健康的な気分になったから辞退申し上げようと思っていたお約束も行っていいかなとなっていたのですが、やはりここは外界との遮断は守ろうと今お詫びのお便りをしたためました。道教も、仙覚はそれより天台宗だなとなって摩訶止観を読みたくなっています。これぞ仙覚の境地かと。

私は、何があっても動ぜず万葉集という学問の探究に生涯を捧げ尽くした仙覚という人の、透徹した人生が好きです。その根幹を書きたい。

最初の一輪。我が家の山吹です。茂る木が好きで繁茂するのも愛でて忙しい間放置してたら庭が荒れ放題。それでも花はこうして咲いてくれます。山吹は茂ると凄いです。滝のようになります(と、どれくらい放置? これから順次整えていきます)

3

気がつくと桜の封緘シールを貼れる季節になっている。先週はまだと見送ったのに。そしてうっかりすると来週はもう遅い。桜は一年中使える図柄とはいうけれど。

やっと晴れやかな桜が撮れました@井の頭公園

4

各宗派の僧侶の方と割と密接にお話させて頂く機会があるのだけれど、ここにきて天台宗寺院の僧侶の方が身近にいられないと、仙覚の関連で天台宗を調べていて思ったのだけれど、つい先程、そうだ、慈光寺があるではないの…、と思い出したのですが、和尚様にお話を伺いたくても都幾川は遠いです。泣

タウンニュース鎌倉版コラムの今月回は来週の14日と決まったそう。外界と遮断して生活しているつもりでもこうして社会と繋がっている。ありがたいと思います。それから今日はもう一つ、自著を語るのテーマで書く機会を頂きました。『源氏物語と鎌倉』について。どう切口を持っていくか考えます。

4月8日
やはり私は道教はだめで図書館に返しに行った帰りに岩波文庫の摩訶止観を購入しようとしたら、パルコの書店になくてアトレの書店にもなく、啓文堂に至っては改装中で地下の仮店舗には当然その種の文庫があるはずがなく、検索したらあったので明日はまた図書館。道教を読んだら反面教師的に摩訶止観。

摩訶止観を読もうと思ったところですでに頭の中がリセットされたらしく、詰まっていた岩殿観音の章がすらすら書き進めています。雑念まったく無し。比企の乱から逃げて岩殿観音に匿ってもらう壮絶な章なのてすが、別当の思い出とした過去の明るい基子さんを書いたら更級日記の作者みたいになりました。

基子さんは源氏物語に憧れる文学少女だったという設定。それが突然の悲劇に見舞われ、自分の判断で即座に比企へ逃げるのですが、源氏物語を読んでいると光源氏の栄枯盛衰、人の心の不変さと移ろいやすさ、政権の下での人生の変わりやすさなど、みんな経験済になるから若くても人生を見ています。

ある意味源氏物語を好きな女性はどんなことがあっても、どんな状況下でも、その場その場で源氏物語の中の同じような状況に即座に反応できて、自分が主人公になったつもりで動けるのではないでしょうか。悲劇ですらヒロインになった気分がどこかにあって、源氏物語を読まない人より深刻でないとか。

|

2017.4.7 ツイッターから転載…小説『仙覚』覚書(25)六代御前に関連して文覚のこと。ロバート・キャンベル氏書評に刺激されました。

4月1日
おはようございます。昨夜井上靖『後白河院』、経房と兼実の章を読んで読了。経房の院を見る目の深さに敬服。井上靖氏の創作ではあってもだからこそ頼朝の信頼を得たのでしょうと頷く。実務処理に優れた公卿だから頼朝に選ばれたそうですが、源光行も実務処理に秀でていました。経房の配下の光行です。

TLで頂いた「或る人が障礙を払えると、世の中が改善されるのもまた真」を時々ふと思い出しては考えています、だと思うんです。みんなで真剣になって全体になるようにと。

蔓延している沈滞のムードを変えなければ社会は変わらないと思う。でもそれは面と向かって振りかざす運動ではない。それは文化の力。刀剣乱舞がそれまで誰もできなかった若い女性に刀剣の真の美しさを目覚めさせたように。そういう力が今の社会に本当にないと思う。文学の力がその一端にあるとも思う。

己をみつめていく生き方が、そのままにおいて、永遠なるものとかかわるものであることを、教観の思想は教えている。(『大乗仏典6 摩訶止観』村中堯生解説より。 ↑Facebookの仙覚の小説取材ノート頁にいいねを下さった通知があったので見たら、この記事に。改めていい言葉と思う。

4月2日
おはようございます。昨夜は平家物語の維盛が高野山に入ったところから六代御前が文覚に助けられるところまで拝読。平家物語は久しぶりで堪能。経房の後室が六代御前の母だから頼朝に助命嘆願して文覚が動いたという説があるそうで、それだと再婚の時期と六代御前が捕まった時期が合わないので気になっ

ていました。平家物語では文覚が六代御前を弟子にしたくて頼朝に助命嘆願の流れ。文覚が光能を介して後白河院から平家追討の院宣を受け取り、それで頼朝が旗揚げできた。その功で文覚は頼朝から今後どんな望みでも聞くと言われていたそう。この方が時期的に納得。仙覚の小説はこの流れでいきます。

平家物語はさすが名文ですね。ここのところ調べものばかりでこういう堪能する文学から離れていたからまた平家物語を読み返したくなりました。それにしても私は何も知らないで読んでいたから光能や経房や、そんなふうな今書いている人たちが平家物語や吉記で人物像を辿れるなんてと今更に感動。

追記: 足立遠元の娘が結婚した光能に文覚が院宣を仲介して貰った後、光能はまもなく亡くなります。その蔵人頭を引き継いだのが経房だそう。こんなところにも、そうなんだ?、と感動しています。他愛なさすぎますが。笑

ミュシャ展のマスキングテープとチラシ。行きたいのですが今はまだ。間に合ったら行きます。だからこのお土産が嬉しい。

50

ミュシャ展。出品リストを見せて貰ったら全20点が小さな写真で一覧になっていて、一々の絵自体は何が書いてあるかわからないのだけれど、代わりにあの大きな作品の画面での構図における光の部分のとり方が鮮明に。ほぼ全点画面いっぱいの洞窟のような暗い中に暖かい光の部分がある。唸りました。

4月3日
おはようございます。なんとなく寒い朝。井の頭公園の桜は?部咲きといった程度。(5分位?)華やかさにはまだまだです。昨夜は仙覚の小説に文覚がなぜ六代御前を助けたかの三行を入れて就寝。比企の乱の章はある意味プロローグだからここをきっちり書いておかないと気持ち悪くて進みませんでした。

たまたま比企系図の話になったらある方が比企系図は信じられないんですってねと。よく聞く話だけどここまで比企氏を多角的に追って見えてきたのは歴史はみんな勝者の側の論理や見方ということ。敗者のは残っていないし民間に残ったものは信じられないと。これを払拭するのは不可能とつくづく思う。

タウンニュース鎌倉版コラム【鎌倉と源氏物語】第16回「朝廷と幕府の取り次ぎ役 西園寺実兼は雪の曙」の校正を送りました。写真は円覚寺様。実兼が関東申次の任にあった時期に建立されました。(で、先日打合せで鎌倉に行った時に、先に北鎌倉で下りて撮ってきたのでした)

コラムに書きましたが、実兼が関東申次の任にあった時に二度の蒙古襲来があり、円覚寺様が建立され、安達泰盛が滅びた霜月騒動がありました。後深草院二条を通して時代をみると思いがけないところでいろいろなことが見えてきます。

4月4日
ふう~っと、やっとTLを追い終わり。数日かけた園芸も今日で締め。最後にここは四季咲の薔薇を植えると決めて残して。今日はデュラスに始まりデュラスに終わった感のTL。思うことはいろいろあるけど今は仙覚。だんだん外界を閉ざしていっていてそれが心地いい。園芸で動いたから体調も戻りました。

4月5日
国文学研究資料館の館長にロバート・キャンベル氏! なんとなくびっくりしました。今まで恩師のご友人とかいろいろあって個人的にある種の古典的色合いを感じていたのですが、これから新鮮! 遠のいていたのを再開したい気持ちになりました。

気になってお気に入りしていた記事をやっと拝読。「良い物語を書けば、ある種の力を持つと思っている。僕は物語の力を信じています」。村上春樹さん、いいですね! 騎士団長殺し。先日のロバート・キャンベル氏、石原千秋氏お二方の書評以来拝読したいのですが今は仙覚に籠る時だからいつか。

|

2017.4.5 ツイッターから転載…小説『仙覚』覚書(24)。タウンニュース鎌倉版コラ厶第15回【二条の恋人 関東申次西園寺実兼】。関東申次、吉田経房のことなど

タウンニュース鎌倉版コラ厶第15回【二条の恋人 関東申次西園寺実兼】の紙面です。

41

3月25日
桜はまだ。辛夷が咲いていますが控えめ。でも井の頭公園周辺のお店はもうお花見モード。快晴の気持ちのいい土曜日です。

今日はほんとうは前々から楽しみにしていたイベントを辞退して図書館に。お断りのメールに私はもう核となる仕事だけに集中しますと打ったら了解しましたのお返事。そこに一抹の寂しさを覚えながら、これが仙覚が生涯抱いていた境地と思う。華やかな周囲と隔絶されて生きた人。万葉集だけが支え。私も。

昨夜も未明まで岩殿観音の章とにらめっこしていたのですが手帳を見たら、玄覚を語り手にすると閃いたのが昨年の9月20日。途中他事に時間をとられて進まないのを反省しての「核となる仕事だけに」の決意。私にとっての核は仙覚です。論文は割とすぐ戻れるのですが小説は気持ちを入れるまでが大変で。

水ぬるむ、春@都立有栖川宮記念公園

40

図書館でたっぷりコピーして来ました。コピーが切れると禁断症状的なのでこれからしばらく穏やかです。笑 岩殿観音関係と関東申次関係。タウンニュースコラムの西園寺実兼が関東申次だったから調べて書きたかったのを、コラムでは一行で済んで通過。でも今日コピーしてきたからこれから勉強。

仙覚の小説で、仙覚が将軍頼経に万葉集を命じられるから、頼経の父道家が重要人物で、道家も関東申次。道家を書いたご論があまりなくて困っているのですが、関係申次のような政治史にぽろぽろと名前が散見できるから楽しみ。仙覚は道家と面識あるのかなあ。と、そこを思案しています。

昨日図書館でたっぷりと関東申次についてのコピーをとってきました。道家もそうだったとなるなら、仙覚ととはずがたり二条はどのような時代関係になるのでしょう。まだ把握できていません。仙覚は執権時頼や時宗の時代。二条は時宗の子の貞時の時代。仙覚は兄の宗尊親王に、二条は弟の後深草院に。

3月27日
木蓮がもう……

42

蕗がこんなに@三鷹市 蕗の薹は終わったみたい。

43

玉川上水の桜がほころび始めました@三鷹市

44

図書館でコピーしてきた関東申次関係の資料を読んでいます。面白いです。こんな分野の研究があったとはの驚き。世の中は深まるとまたさらに深まる領域が現れて楽しみは尽きないですね。(タウンニュースのコラムで西園寺実兼が関東申次だから少し勉強中)

頼朝と後白河院。そのあいだを取り持ったのが吉田経房。という状況で通史では展開しますが、なぜ、いつ、吉田経房がその役になったかなどは今まで見えてませんでした。表舞台の通史の裏にもさまざまな人間関係が。読みながら模索しているとまた何かの鉱脈に突き当たりそう。

3月28日
おはようございます。関東申次という正式の役職は西園寺実氏からですが頼朝の時代からその役割の人はいてそれが吉田経房。経房は福原京時代から光行を知っていてそれで光行は経房の配下として鎌倉に下ったらしい。と「源光行の鎌倉下向と一時上洛」で考察したのだけれど、関東申次的だったとは。

今まで吉田経房ってなんだろうとまるで雲の中の人みたいにつかみようがありませんでした。ただ朝廷と幕府のパイプ役としか書かれてなくて。関東申次は知っていたけど西園寺家のことと思っていたし。コラムの実兼で突然関東申次の語が湧いて調べたら吉田経房が。こんな処で謎が解けるなんて。

@sukemori 資盛様、ありがとうございます! 六代御前をどうして文覚が延命したか、目下仙覚の原稿で考えて悩んでいたのです。そうっか、経房か〜ってなりました。六代御前のお母さんが再婚したお相手ですものね。また考えてみます。

呟いてみるものですね。『源氏物語と鎌倉』の時もこんなふうにしてどんなに資盛様をはじめ、京都の方、国文科出身の方に助けて頂いたか。ツイッターがなかったらこの本は生まれてません。確実に。感謝してます。

朝から驚きの展開のツイッターでした。ありがとうございました。

井の頭公園の桜の開花状況。でもこんなに咲いているのはたぶんまだここだけです。毎年ここが一番早く咲きます。

45

3月29日
母が逝って三年。今日から四年目。やっと肩の荷が下りたように感じられるのは母を看ていて送ってその必死だった記憶から解放されたのかも。朝からなにか憑かれたように掃除をしたり移動させたり。父が私の中学2年の時に早逝しているからそれから私は母と一心同体で生きてきました。これからは1人。

3月30日
おはようございます。ここ2、3日夢見が悪くて、それは個人的なことの根本問題を解決しなければとの意識から来ているのだけれど、夢の中で政治が絡んで出てきて、政治も例の喚問から浮かび上がったことへの反論は誰々の問題ではなくもっと奥の大変な問題でしょうという怒り。私も自分を変えなくては。

我が家の木蓮も咲きました。高枝バサミで伐ったところに通りかかった方が「素敵ですね」と。差し上げたら喜ばれました。咲く時はいっぺんに咲くからまた伐って。

46

朝伐った木蓮。素敵に咲いています。

47

木蓮。違う角度で。(朝のはiPAD。これはスマホ。木蓮は撮るのが難しいですね。ストロボを使ってスタジオできちんと撮りたい)

48

今日は朝から覚悟を決めて高枝切り鋏作業。繁茂してどうにもわからなくなった茂み。最初から不用の枝を伐ればいいのだけれどその枝も見えない。上の方から簡単に切り落とせる枝を順次伐っていったら空間ができてその枝が見えてきました。混迷を深める物事を解く時も同じかも、となんか実感。

木蓮が好きだから嬉しくて何度も投稿。現在の木蓮です。

49

3月31日
おはようございます。昨日は終日庭作業だったから就寝前にTLで教えて頂いた井上靖『後白河院が』を拝読。4人の語り口って、兵範記・たまきはる・吉記・玉葉の作者だったのですね。たまきはるに光能や経房が出たり、私はこのあたり本当に読んでないなあと思ったのでした。吉記・玉葉の章はこれから。

昨日の後片付けもあって引き続き庭仕事。雨が降らないうちに。空間ができた茂みの下の方に大きな鉢が出てきて、何の木だったかしらとなり、取りあえず枯れているので切ろうとしたら、あ、夏萩だったと思い出してヒヤッと。柏葉紫陽花も枯木だし、切るのに要注意です。

TLで頂いた「或る人が障礙を払えると、世の中が改善されるのもまた真」を時々ふと思い出しては考えています。(遠い昔、こういうことを純粋に考えていました)。

|

2017.3.31 ツイッターから転載…小説『仙覚』覚書(23)。秋の講演会の発打合せのことなど。

3月21日
おはようございます。昨日は終日足立遠元関係のご論を拝読していました。金沢氏のご考察も前にコピーして持っていたのですがやっと目を通した次第。ここまで遠元に深まると思ってなかったから資料の山から掘り出しました 笑。ネットからプリントしたのもあって拝読したら、それも金沢氏のでした 驚。

どうも遠元の研究は金沢氏お一人のよう。この方の考察がなかったら、私は一歩も進めなかったわけで感謝です。

ご論考を拝読していて、そうかなあ、本当かなあと感じることが時々ある。論考は一つ一つの事柄の考察だからその時は不整合に気づかないけど、小説の文章にした時に、感情という人間の問題や、時間や空間の制約で、これはあり得ないとなります。研究者さんからしたら小説でなんてと憤慨されそうだけど。

遠元を書き込んだら整いました。なんか足りない気がして堂々巡りしていました。まさか遠元にいくなんて。それから、遠元は前に書いたような教養人というのでなく立派な武士。吾妻鏡に畠山重忠が礼節をもって正しい判断をする人に描かれていますが、平治の乱で遠元がそう描かれています。

今週中にも遠元の館跡を訪ねたく思ったのですが、検索したら足立氏館跡は桶川市や大宮市など複数あって、そのどれも街なかで、そこに立って往古を偲ぶふうにはいかない場所なのであっさり諦めがつきました。

大分前から遠元の娘の一人が光能と結婚しているのが気になっていて、ネタを明かしてしまえば員茂が上洛して順徳院の北面の武士になった時に世話になるのがその人かと。基子さんの姉だから員茂には伯母。ある方にそれを話したら、小説だから大いに膨らませなさいと。いつの世も包み込むのは女性だよと。

そういえば、一昨日の金沢文庫の真鍋俊照先生のお話も、私には久々の密教でしたが、胎蔵・金剛界曼荼羅で圧倒的に胎蔵曼荼羅のほうが資料が多く残っていると。包み込むのは女性性ですね。

基子さんの姉のキャラは私の中ではもうできていて、名前は遠子さん。遠元の娘だから一字をとって。基子さんは元子さんにしたかったのを身近な知人にいるので基子さんに。親子ほども年の離れた姉妹です。しかも、たぶん、生涯会っていない。京で生まれて結婚までした人と、吾妻に生まれた人と。

3月22日
ロバート・キャンベルさんの書評を読んで騎士団長殺しを、松浦寿輝さんの対談で名誉と恍惚を拝読したくなったのですが、それは作者の手法が私が目指しているのと同じだから。一昔前のある意味象徴的に詩人といった感性だった人たちが到達した地平という気がする。なんとなくエーコ的。

今日の円覚寺様。ちょっと立ち寄って撮らせて頂きました。

30

今日は秋に講演させて頂く会の幹事さんとの初打合せでした。鎌倉の詩吟の会で昨年までご自分たちで勉強していられたのを、今年は外部から講師をとなって呼んで頂きました。

帰り。体力温存に努めて交通機関利用。小町通りで用を済ませて鎌倉駅に戻るのは大変だから鶴岡八幡宮前から大船行きのバスに。建長寺様通過。円覚寺様も通過。大船は常楽寺様前を通るでしょうか。常楽寺様止住からから建長寺様開山へと上られた蘭渓道隆禅師の道を反対に辿っています。

32

鎌倉の郵便局。バスの車窓から。

31

大船常楽寺様参道前@バスの車窓から。

34

意味の変容だな、と思った。今日話していた方と。医学系のお話が私の鎌倉の源氏物語と噛み合う。医学系の個々の事象、鎌倉の個々の事象を知識として知る必要はなく、本質を辿れば言っていることは同じ。森敦さんの意味の変容を思っていました。

3月23日
又吉さんの小説に対する姿勢、真摯でいいですね。そして村上龍さんの「作家自身にも把握できていない、無意識の領域からの、未分化の、奔流のような表現」も。まさに阿羅邪識。筆の先をたどると阿羅邪識のとうとうとした流れに行きつく、って理想です。そこが森敦さんの意味の変容。と理解しています。

真夜中のクリスマスローズ。だいぶ雄蕊が落ちたり、茎を切って短くしたりしましたが、まだ華やか。

35

「写本が語る、」の原稿。2月いっぱいに仕上げて手放そうと思っていたのですが、まだ抱えていて、遠元の件が一件落着したので、ではと見直したら、4月からの金沢文庫の展示に気になることがあって、それでまだ抱えていたのだと思い出しました。原稿はできたからといってそれで安心ではないですね。

どういう結果になるかわからないけれど、本当にこの原稿、今だからこそここまで書けたの思い。最初にお話を頂いた3年前の時点で活字になっていたら『源氏物語と鎌倉』を踏襲しただけだったし、去年でもまだ仙覚は書けなかった。5月締切の直前の4月。それこそ今だからこそになるのでしょうか。

3月24日
昨夜は突然源氏物語を読みたくなって中野幸一先生の正訳源氏物語から柏木を。実は先日鎌倉に行った時に遠元は終わったし道家など読みたい本は書かれてないしで、道中のお供に四苦八苦。今の私が読みたい本は私の中にある仙覚なんですね。そうしたら突然源氏物語。すうっと入ってきました。

遠元の件が一件落着していよいよ基子さんが岩殿観音に入るのですが、それを別当を三人称の描写で書こうとして詰まっていました。源氏物語を読みたくなった背後にはその打開の意味もあって、やはり私が書くのは心理小説だなあと。心は奥深く果てしないから。

連投済みません。昨夜一件の決着のメールを書いて、そうしたら夢の中でもその方々のそれぞれに決着がついて、どうやら私は一つの立脚点に立ったみたい。社会的動きをしていると流されるしどれも大切である意味「切る」ことができないけど、切ることができた上でしか仙覚は書けないと決めました。

気になる雲。たぶん福島県沖方向からの発生。熊のジョンみたいな感じが伸びて細長くなっていました。

36

同じ雲の伸びた先端。茨城・千葉県方向です。

37

|

2017.3.27 ツイッターから転載…小説『仙覚』覚書(22)足立遠元のこと。金沢文庫聖教一式国宝指定記念で元文庫長の真鍋俊照先生のご講演を拝聴しました。タウンニュース鎌倉版コラム第15回【二条の恋人 関東申次 西園寺実兼】掲載。

3月13日
腰越の講座の幹事さんがこれから作るレジュメの参考にと昨年なさった田渕句美子先生「鎌倉に住んだ阿仏尼とその子為相」のレジュメを送って下さったので拝読。為相は私が始めて書いた論文「武州金沢称名寺と冷泉為相」の人物だから懐かしく。為相と夢窓疏石の交流から為相の称名寺訪問を解きました。

いろいろと称名寺というか金沢文庫が私の原点になっています。昨日お世話になったお二方にご連絡をしたためていて「これからは実時の奥書問題と仙覚と実時の交流の証を探しに金沢文庫に通うことになります」と書きました。

3月14日
おはようございます。↓ 無理と無理でないことの境界、素敵な言葉を頂いてしまいました。ほんとうは昨日四回の梵字の教室の最後だったのですが、通えたのは最初の二回だけ。体調と所用で後半二回は欠席。仙覚もすなる悉曇というものを我もという気持ちだったのですが。でも身近な感覚にはなりました。

昨夜からネットが不調。鎌倉禅研究会FBに例会報告をしようとしていた矢先。そこに今朝タウンニュースさんから今週号に掲載できそうだから写真を送ってと。どうなるでしょう。はらはら。

昨年末に突然重要事項が三件重なり、年初から体調が最悪でした。その時にネットで自立交感神経と体調の関係を読んで穏やかに過ごせるように考え始め、ヒーリング音楽に。私はこれが効くらしく以前も瞑想用の曲で爆睡した経験が。今回も効きました。

鎌倉禅研究会FBに第128回例会の報告をアップしました。高橋秀栄先生「明恵上人」と舘隆志先生「鎌倉時代の禅」です。高橋先生は明恵は禅僧といっていいと。栄西も明恵を禅僧として崇めていたそうです。舘先生の「鎌倉時代の禅」は禅の歴史や臨済宗と曹洞宗の違いなど基本的なことが分かりやすく。

今日はもう一件、タウンニュース鎌倉版コラム第15回の校正をしました。「二条の恋人 関東申次西園寺実兼」です。鎌倉に特化したコラムなので『とはずがたり』も二条が下向してからと思っていました。が、実兼が関東申次と気づいて俄然面白い展開になりました。女性に人気の古典ですが男性にも十分。

やっとこれで仙覚の小説に戻れる、とはならなくて腰越の講座のレジュメ作りにかからなくては。回り道のようだけど何をしても忘れていたことや新発見の気づきになったりするので頑張ります。(ネットの不調は無線ランの機械が壊れてでした。なので今日は家人PCにて作業)

寝ころんだらカーテン越しに月が見えました。スマホで撮ってみました。今日のなんでも鑑定団でチラッと目に留めた日本画が素敵で誰の絵か検索したら松林桂月という画家さん。桜の枝越しの月。輪郭を描かない手法とか。TLで見た事あるような。

11

3月15日
おはようございます。昨夜は仙覚の小説に戻って就寝。としたかったのですが、日中あまりアウトプットばかりだった反動で小説に籠れたのが嬉しく興奮してかえって眠れなくなってしまいました。やはり理で書く論考や仕事の文章と執筆は違いますね。今朝目覚めた瞬間、比企氏はという文章が浮かびました。

紫のクロッカス、大好きです。庭一面この花で埋め尽くして春を迎えられたらなあ! とは、夢ですが。笑

3月16日
今日は寒かったですね。と、冬でも使うことのなかったお気に入りの手袋をして、あと何回今年使うかしらと考えながら。

気がつくといろいろなことが片付いて、 5月の講座の準備を残すだけとなり、予定では先にそれを済ませるつもりでしたが、仙覚の小説にかかっているとゆたかで、あまりに昨今多忙だったから少し土壌の水遣りをしようと思います。

メモ: 腰越の講座。チラシ用写真送付完了。

3月17日
クリスマスローズがたくさん咲いています。

12

タウンニュース鎌倉版コラム第15回【二条の恋人 関東申次 西園寺実兼が掲載されました。『とはずがたり』シリーズの第三回です。http://www.townnews.co.jp/0602/2017/03/17/374677.html

ここ数日世上のニュースから目を離せないでいたのですが、仙覚の原稿に入ったら同じものを見ても感情が流されなくなりました。仙覚もこうだったのでしょう、たぶん。自分に万葉集の校訂を命じた頼経がその直後に鎌倉幕府との対立に負けて京に帰ってしまう。仙覚は一人残って万葉集を完成させました。

仙覚の小説。能員の書込が足りない気がして比企氏の本を読み返したら、能員は頼朝が善光寺を復興した時の信濃国目代で復興担当。その経験が廃れていた岩殿観音の再建に繋がったのだと思った。それがまさか比企の乱後の孫の人生を救うことになったとは。ばらばらの史実。それを小説が紡ぎます。

3月18日
おはようございます。昨夜は金沢正大氏「鎌倉幕府成立期に於ける武蔵国国衙支配をめぐる公文所寄人足立遠元の史的意義」を拝読。他の寄人が全部京下りの文人なのに遠元一人御家人から選ばれたのは娘が京の権門光能と結婚しているからと。その結婚、ほんとかなあと思ってたのですが確かみたいです。

比企氏系図によると比企時員の妻は足立遠元娘。私の小説の設定では基子さん。光能が結婚した女性は基子さんの年の離れた姉になります。今は別人にされているようですが、神護寺の肖像画にあった光能像のあの方の妻が基子さんのお姉さんだなんて! と、想像が膨らんでいます。

今日のクリスマスローズです。

13

腰越の講座の幹事さんが称名寺&金沢文庫に行って下さって感動のメール。私の鎌倉の源氏物語は金沢文庫が原点だから。鎌倉の方でもいらしたことのない方は多く幹事さんも初めてと。チラシ用の写真に称名寺を送ったのですが、加えて金沢文庫と実時銅像の3点構成にしたいと。素敵なアイデアに感謝。

広がり具合にご満悦。

14

追記: 比企能員子息の時員と足立遠元娘の婚姻もありかなあと年齢を勘算したり人脈をみたりして「ありうる」となっていたのですが、金沢氏のご論文は足立氏論であって決して比企氏論でないにも関わらず、足立遠元も畠山重忠も、比企ファミリーに一括されてました。びっくり。悩む必要なかった、笑。

3月19日
今日は暖かいですね。革ジャンで出て来ましたが丈が短くても寒くないです。道中のお供は吾妻鏡。比企の乱の時に足立遠元がどう動いたかを見るために。金沢氏のご論考に娘が3人とあって見てたら、基子さんがいない! 比企系図にはいるのに。ここでも仙覚親子は存在を消されていたと愕然としました。

休日で混んでいるから諦めてたけど座れてしかもボックス席。出がけに歩いていて思いついたこと。腰越の講座、金沢文庫の紹介に少し時間を費やそうと。称名寺境内の様子や歴史、歴代当主など。これは一見余分だけど尾州家河内本源氏物語がなぜ金沢文庫に収められていたかの終盤への円環になると。

こんなにじっくり吾妻鏡の比企の乱の項読んだのは初めて。結局足立遠元は書かれていませんでした。一族と共に自害した最後の三人は能員の婿。その一人中山為重は比企の中山村の人。後に員茂の子の員長が中山村に移り住みますがそういう関係から。基子さんをどこに潜伏させて生き延びさせようか考慮中。

称名寺と金沢文庫を繋ぐ隧道。称名寺と金沢文庫は小さな尾根で隔てられています。これは金沢文庫創設当時の隧道で、今は通行止めですが、実時もこの隧道を行き来したのかと思うと感慨。奥に金沢文庫の壁が見えています。

15

今日の称名寺。金沢文庫の聖教一式国宝指定記念の元文庫長真鍋俊照先生のご講演を拝聴しました。私はこの方の金沢文庫ご在任時代から通っていて多く教えを頂きました。懐かしかったけどあれから随分年月が経ちました。

16

今日の称名寺、続き。実時の館(寝殿造り)があった平地から金堂と浄土式庭園を眺めた一枚。左手の緑の樹木の場所に三重塔があったという。三重塔が今も残っていたら、景観が随分違いますね。

17

明日は春分の日。六浦の上行寺東遺跡の発掘された首のない阿弥陀様の真上から日が沈む日。この遺跡の保存運動で湧いていた時、春と秋のどちらかのお彼岸に、網野善彦先生や千々石到(漢字違ってたら済みません)先生方が集結されて浄土観を確認されたそう。私はまだ残念ながら確認してません。

帰途の吾妻鏡。比企の乱で自害した能員婿の3人のうちの1人糟屋有季の遺児が京に逃れて慈円に語った事実が愚管抄に載っていて、吾妻鏡の記載と違う。吾妻鏡は北条氏側が粉飾して書いているのだろうし、生の見聞の遺児からの聞書の方が事実なのだろうけど、小説ではどちらを使うべきなのでしょう。

遠元の娘の一人が時房と結婚しているんです。それで遠元は別格だったのかなあと想像していたのですが、それにしては能員子息と結婚した娘が存在を消されていたりして悩んでいます。第一、時房自身がどんな気持ちで動いたでしょうね。ここのところを苦慮しています。

夜に入って渋河刑部丞誅せらる、能員の舅たるに依りてなり← この徹底した関係一族誅殺ぶり。足立遠元は子息の舅。帰ったら索引でその後の遠元が幕府内で無事か確認します。

金澤正大氏「武蔵武士足立遠元」にありました。比企の乱後の遠元。吾妻鏡に遠元は梶原景時弾劾連署に名を連ねるが、以後吾妻鏡に所見しない。なので比企の乱で如何なる行動をとったかわからない。が、同年十月の実朝の甲着始の儀で遠元が甲冑を着せている。十一月の鎌倉中寺社奉行改定で永福寺阿弥陀堂

奉行人となる。その後安達氏に優位をとって代わられ、元久二年の二俣川合戦で畠山重忠が滅びて打撃を受ける。それは重忠が遠元の娘婿だから。しかしこの合戦でも遠元が如何なる行動をとったか所見がないから明らかでない。翌々年の承元元年の幕府の鶏闘会への出席を最後に吾妻鏡から姿を消す。

どうも遠元は比企の乱後も重忠滅亡後も無事のよう。影響を受けていない。比企の乱では娘の結婚相手が滅ぼされ、重忠滅亡の時は能員の時の舅渋河に当たるのに。乱や合戦を凌ぐほど宿老遠元の立場が揺るがなかったということでしょうか。←これなら比企の乱でも比企の足立氏館は襲撃されてないですね。

わかりました。たぶん、こう。最初娘の一人が時房の妻だから時房の温情でとも思ったのですが、娘の一人が後白河院の近臣藤原光能の妻で京の権門と密接な繋がりがあったから、が正しいでしょう。それで遠元は公文所開設の折に広元ら京下りの文人に混じって御家人から只一人抜擢されたくらいですから。

結論。遠元をただの御家人という田舎武士に見てしまってはいけない。北条氏の上に立つ京の人脈を持っている人物と見るべき。と、なりました。御家人の中で三浦氏や千葉氏など幕府内での上位の氏族より、位置は低くても風格なり知性なりに威厳のある人物と。←結構、好みの人物です。笑

まさか、こんな結論になるとは!

3月20日
おはようございます。なんだか小説が仙覚を書きたいのか遠元や基子さんを書きたいのかわからなくなってきました。仙覚がまだ生まれていないだけのことですが。以前から仙覚が比企氏の人と語ると比企氏は文化人だからねと納得されるのが不思議でした。足立氏の方がそれですね。その路線でいきます。

昨日は【国宝 金沢文庫展】のチラシを頂いてきました。4月28日から。

18

それから根津美術館【香りたつ装飾美 高麗仏画】展のチラシも。これ、行きたいのだけど……。3月31日まで。

19

|

2017.3.25 ツイッターから転載…タウンニュース鎌倉版コラム【鎌倉と源氏物語】第14回「後深草院二条は『源氏物語』の若紫」の紙面、鎌倉禅研究会のことなど

タウンニュース鎌倉版コラム【鎌倉と源氏物語】第14回「後深草院二条は『源氏物語』の若紫」の紙面です。2月17日号掲載でした。ネットでのご紹介を当日したまま、紙面のアップをしそこびれていました。

2_2

3月7日
おはようございます。昨夜は吾妻鏡の比企の乱までの動向を読みながら就寝しましたが、なんとなく鎌倉幕府初期の鎌倉武士たちの混沌に辟易。梶原景時が打たれ、頼家は蹴鞠に狂い、やがて御家人たちに干されて比企の乱へ。崇高なのは政子ひとりで、やはり頼朝に長く連れ添っただけのことはあるなあと。

比企の乱になっていくのだから混沌としていて当然なのでしょうけれど、それにしてもこの時期の鎌倉の文化の無さ。光行もいたはずなのですが吾妻鏡には登場しないし、こういう御家人たちの殺伐さから身を引いて源氏物語に魂の救いを求めたのでしょうね。そこに基子さんとの交流がと、丁度いいかも。

鎌倉のある研究者の方からご論文をお送り頂き、添えられていたお手紙に「タウン誌、いつも拝見しています。わかりやすく、鎌倉市民の勉強になるのではと大歓迎です」と戴きました。ひとまずほっと。ありがたいです。(でも、かるた大会で一般の方から、読んでますよ、でも難しい、とも)

3月8日
おはようございます。昨夜はたっぷり仙覚の小説を見直して浸りました。吾妻鏡で能員の岩殿観音再建前後の事情を把握したから深まって。やはりいいですね。原稿が深まるのは。プロット的に急いで書いた前の続きが詰まっていたのもむべなるかなです。続き、書きたいのですが所用も山積。

青空にミモザ@三鷹市

1

3月9日
駅に向かう途中の路地で、雀かと思ったらジョウビタキでした。

今日は暑いですね。夜になると寒いからダウンを着て出たのですが周りは薄着。でもこの季節、花粉的にもウールのコートは着る気になりません。流行ってるけど。

客観視するとは空間的なことだけでなく時間的にも距離をおくと当初は目の前だけのことしか見えなかったことの裏までが読めて全然違うものが見えてくる。当初隠されていることのなんと多いことか。仙覚の小説化でつくづくそう思います。

仙覚の小説。岩殿観音の章を深めています。以前、まだ小説化の決意もしていなかったころ、書くならプロローグとして雨の夜に草原を進む身重の女性から始めようと考えていました。シチュエーションは変わりましたが、雨、これは残しました。

若宮大路の桜はまだ蕾も。

今日は帰りでもダウンのコートは暑いです。鎌倉の帰りです。

鎌倉のホームで別れた方が、たぶん一人になられてスマホを見て、鎌倉禅研究会FBの記事に、いいね!、を下さいました。あちらもまだ車中長いからまだスマホをご覧でしょう。なんか不思議。

今日は蘭渓道隆語録の翻刻?を手掛けられた舘隆志先生のご講演。語録を全編通して読み通された方だからこそのお話が随所にあって、当時の生活がリアルに。禅僧の、しかも中国僧の語録はたぶん全く未踏査の世界。例えば茶について、緑とあって、おお当時のお茶は茶色でなく緑だったんだ〜となったと。

今日の建長寺様三門前。オカメザクラが綺麗でした。

3

建長寺様三門前のオカメザクラ。両脇に一本ずつ。左近の桜・右近の橘みたいでした。

4

3月10日
おはようございます。やっとTLを追い切れました。これから始動。今日は昨日のまとめのFBを。一月二月と大変な作業でしたがやっとちらほら見て下さる方からの反応が。一月の講師の方にも昨日お会いしてそれを感じました。何かをすることは蓄積がものをいうとは長い間活動して得た真理です。

昨日の鎌倉禅研究会の様子です。質疑応答で、明恵上人について講演された元金沢文庫長高橋秀栄先生と駒澤大学教授小川隆先生がお話されています。大学院さながらだねとは、真ん中で聞いていられた主宰の高井正俊元建長寺宗務総長様のご感想。

5

秋の講演の幹事さんからお電話を頂き、昨日の鎌倉禅研究会のお話をして「鎌倉で蘭渓道隆が始められた禅が京都に行って東山文化を生み、茶道などが生まれた。鎌倉が原点なのに忘れられている」と言ったら、「紫式部の源氏物語と一緒じゃないですか」と。鎌倉の文化、なにか忘れられてること多いです。

秋の講演も鎌倉の団体さん。私の『源氏物語と鎌倉』でご自分たちの知らなかった鎌倉の源氏物語についてもっと知りたいというご要望でした。今日のお電話でご依頼のポイントがそこ!ということを確認しました。タウンニュースのコラムもあり、少しずつ市民の方が知りたいと目覚めて下さっています。

3月11日
あの日から6年。一生忘れることがないこの日。風化させてはいけない日。鎌倉では仏教の、神道の、キリスト教の、合同慰霊祭が毎年行われています。3.11があったあの年から。その時はまだ大きな余震が続く中、若宮大路等を宗教者の方々の行列が練り歩きました。思い出しても敬虔な思いになります。

3月12日
「写本が語る、」の完了直後にかるた大会、吾妻鏡、鎌倉禅研究会と続き、その間に資料やご論考や通知を頂いていたのですが手が回らず、気にしつつも放置状態だったからお二方からお電話を頂いたりの四苦八苦。ようやく昨夜余裕ができた気分でお便りを三通書いて就寝。これから二通。済みません。

といっても、鎌倉禅研究会第128回例会報告も今日中にはまとめたく。

先程鎌倉禅研究会FBの写真に、いいね!、の投稿が20件もあったので?と思ったら一人の方が過去に遡って見て下さっていました。FBは当初日程のお知らせが目的でした。でも始めてみると建長寺様に来られない地方の方がリアルタイムの建長寺様の動向に触れるという楽しみ方をされているようです。

講演のお話を下さった幹事の方から届いた資料にこの漢詩がありました。サヨナラダケガ人生ダ。どれほどこの訳詞に教えられたでしょう。いわば分岐点になった詩です。それが今ここに。また分岐点でしょうか。今日ははからずも満月。

6_2

人の声というものは対していなくても届く。思いは時空を超えて届かせたい人のところに到達する。それをキャッチできるか否か。そんなところに人生の機微があるのかもしれません。少なくとも私には。

|

«2017.03.16 ツイッターから転載…小説『仙覚』覚書(21)。比企能員の岩殿観音復興の時期についてなど仙覚の小説に戻って思考。鎌倉かるた会に行って、など。