« 地震雲349 【7月16日京都府沖 M6.6への空?】 | Main | 地震雲351 【7月26日インドネシア付近M7.0への空】 »

July 22, 2007

地震雲350 【新潟中越沖地震前の異常な朝焼けと夕焼けの連続の空】

1832_1 1833_1 1848_1 1851 1879 1883 1889

706181856018  6月中旬から続いた、新潟中越沖地震前の異常朝焼け・夕焼け画像をご紹介します。iriya様からお借りすることができました。この度の地震では、私はまったく撮っていませんので、感謝!!です。東京都世田谷区撮影です。
 上から、6月15日夕焼け、16日夕焼け、23日朝焼け、24日朝焼け、7月11日夕焼け、13日夕焼け、16日(地震発生当日)朝焼けです。
 最後は私が撮ったもので、6月18日夕刻。窓から突然世界がピンクに染まったような陽が射してきて、慌てて撮りにでると、北西の曇天の中で画像のように一部分だけが灼熱色に焼けていました。発光があったのではと思っています。この現象は、7月12日夕刻にもあったことがご報告されています。
 三年前の新潟県中越地震の経験で、被害級地震は、「一ヶ月前の異常朝焼け・夕焼け→水平虹の頻繁な観測→地震発生」の経過をたどることがわかっています。
 6月15日から三日続いて異常な夕焼けが観測され、その頃各地で滅多に観ない水平虹が頻繁に観測され、ん?、と思っていました。三年前の中越地震の一ヶ月前に酷似してきたからです。そして、果たして7月16日の中越沖地震の発生。経過を、この画像でたどってみてください。朝焼け・夕焼けは綺麗で目を奪われますが、連続して続くことには異変を感じます。現代に生きていると、そういう感性を忘れがちですが、経験を次に生かしていきたいと思います。

なお、iriya様は、発震約一週間前あたりから緊急警戒をだされ、「新月トリガー(7.13~7.17頃)&季節トリガー(夏5.30~8.2頃)要警戒。6.24の赤焼け現象から22日後、7.16頃要警戒!」など警戒日をお知らせされていました。(追記 : iriya様の撮影場所を最初「目黒区」と記していましたが、「世田谷区」の間違いでした。訂正してお詫びします。)
www.irimall.net
www.irimall.net/earth/erframe.html

|

« 地震雲349 【7月16日京都府沖 M6.6への空?】 | Main | 地震雲351 【7月26日インドネシア付近M7.0への空】 »