« 2008.3.31 今日の井の頭公園の桜の写真 | Main | 2008.4.2 「この木なんの木・・・」候補みたいな桜たち »

2008.4.1 日本で唯一! 野川の600メートルもの桜並木のライトアップ・・・とにかく綺麗でした。

047 049 060 064 077 080 090 097 109 151 162 170 177 208 216

 野川は国分寺市恋ケ窪に発し、小金井市、三鷹市、調布市、世田谷区を通って多摩川に合流する東京都の川です。東京にしては珍しい、自然の風情が残るその名どおりの可愛らしい川です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E5%B7%9D_(%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD)

 その調布市に入って流れる野川の両脇に、染井吉野が満開。毎年一日だけそのライトアップが成され、今年は4月1日でした。

 私は今年はじめて知ったのですが、もう18年も続いているのだそうです。なんでも、その地域にあるアート・システムさんという会社が、最初はご自分たちのお花見の宴会用に一本だけライトアップしたところ、付近の住民の方から「素敵だった・・・」との声が寄せられ、ならば今年は数本を・・・と、その会社の方が年々増やしていかれて、気がついたら600メートルにも及ぶ長~い桜のトンネルのライトアップになっていたとか。それはもう、息をのむほどの素晴らしさでした。

 照明は、実際に映画やテレビの撮影に使っているという日中の太陽光に限りなく近いという器具。それを川床にずらっと幾つも幾つも並べて、下から両岸の桜を照らしだしていました。その照明器具は雨に弱いので、絶対に降らない見極めと開花状況を見定めて日を決めるのだそうです。一夜だけなのに数百万はかかるとか。いくら住民の方に評判がいいといっても、凄いことだと思います。

 京都の桜とか、名園、名木の桜はいろいろありますが、これだけ長いライトアップは、ほんと、日本で唯一なんでしょうね。最初は狂喜して撮りっぱなしでしたが、いつのまにか、撮るのはもういい、ひたすら見るだけにして満喫しようという気持ちになっていました。観光地化してなくて、歩いている人はほとんどが普段着の家族連れ。商業化もしてなくて、ただのどかに歩くだけ。ゴミの散らかりようもありません。とっても清々しい気のするお花見でした。まさに、こんな世界があるんですね・・・

織田百合子Official Webcitehttp://www.odayuriko.com/

|

« 2008.3.31 今日の井の頭公園の桜の写真 | Main | 2008.4.2 「この木なんの木・・・」候補みたいな桜たち »