« 2011.6.30 今朝の松本地震【30日08時16分頃 長野県中部 M5.5 震度5強 】の前兆雲だったのでしょうか・・・ | Main | 2011.7.3 ツイッターに呟く・・・印刷博物館【空海からのおくりもの ―高野山の書庫の扉をひらく―】展図録のことなど »

2011.7.2 平清盛ゆかりの神戸を訪ねて(2)・・・平清盛が日宋貿易で活躍した大輪田泊一帯(兵庫の港側)

5月16日に訪ねた神戸・・・平清盛ゆかりの史跡を撮って歩いたのですが、先日一門の邸宅があった北の山側一帯の写真をアップしたまま、海側一帯の写真をそのままにしているのを忘れていました。急遽、アップさせていただきますね!

最初に海・・・、史跡の写真は記録としては有意義ですが、やはり私は当時の人がその目で見て生きた風景そのものを撮りたい! それで、とにかく、今回の神戸では「海」が撮りたかったのです!!

神戸市を神戸駅をはさんで山側が邸宅のあった地とすると、海側が源光行が後徳大寺実定や源通親のもとで宮城制定のために「丈尺をとってはたらいた」大輪田泊の地です。

まず、海の写真から・・・

Dsc_2605

Dsc_2618

次に、清盛塚と呼ばれる十三重の石塔。隣に清盛像と琵琶のかたちをしているために平経正にちなんで琵琶塚と命名されている石塔が並んでいます。

Dsc_2631

Dsc_2636

それから、萱の御所跡碑が建つ薬仙寺。清盛が後白河院を幽閉した場所といわれます。

Dsc_2586

Dsc_2596

最後に、清盛が得度した寺院・能福寺。お墓もあったはずですが、今は不明です。代わりに清盛の廟が建っています。大河ドラマ「平清盛」で清盛役になられた松山ケンイチさんも、撮影開始にあたって訪れてらして、新聞記事が貼られていました。

Dsc_2673

Dsc_2652

Dsc_2668

能福寺で驚いたのですが、本堂が黒漆造りのような素敵な建築なのです。それもそのはず、もとは京都東山の月輪御陵の九条侯爵家にあった拝殿で、それを移築したのだそうです。「月輪影殿」という額がかかっていました。そして、京都は粟田の青蓮院旧院家の格式…、立派なのことこの上ないのが頷けました。

Dsc_2654

Dsc_2660

Dsc_2662

これでひとまず今回の神戸旅行の写真アップを終了します。震災があった三月からずっと、心を文学にだけ傾けられる状況でなく、あれをしたりこれをしたり、一見集中しているようで、実は一件一件をこなしているのがやっと・・・という日々でした。

七月に入って、学会発表の為の配布資料の提出期限も迫ってきますし、その原稿も書かなくてはならない!! 突然、こうしてはいられない思いが湧いてきました。それで今日からは心を新たにして集中することにします。その為にやり残したことはないかなあと考えて、「そうだ、神戸の写真!」と思いだしたのでした(泣) 

神戸の史跡についてはもっともっと詳しく正確に書きたいところですが、割愛させていただきます。神戸市兵庫区のHPに詳細がありますのでご覧ください。

http://www.city.kobe.lg.jp/ward/kuyakusho/hyogo/shoukai/kiyomori.html

|

« 2011.6.30 今朝の松本地震【30日08時16分頃 長野県中部 M5.5 震度5強 】の前兆雲だったのでしょうか・・・ | Main | 2011.7.3 ツイッターに呟く・・・印刷博物館【空海からのおくりもの ―高野山の書庫の扉をひらく―】展図録のことなど »