« 2017.11.5 ツイッターから転載…28日の講演用パワポの編集にかかっています。北条時政が上手く入りました。→六波羅へ | Main | 2017.11.9 ツイッターから転載…日々の雑感 »

2017.11.7 ツイッターから転載…仙覚の小説覚書(77)運慶の心の荘厳性と、峰岸純夫先生『享徳の乱』を拝読して

11月5日

NHK総合「薬師寺金堂再建の記録」を観ています。

 

薬師寺、綺麗でした。滅多にTVに時間をとらないのですが、運慶展で来年興福寺再建の落慶供養がと知ってなんとなく身近な感じで観てしまいました。白鳳天平の時代はずっと過去のものと思っていたのに、運慶のお陰でこんなにしたしく感じられるようになるなんて。時政が見た興福寺、と思いを馳せて。

 

吉祥寺はもうクリスマス@アトレ

Dn2pwprumaej_c

 

峰岸純夫先生『享徳の乱』拝読し終わりました。最後にきて驚愕。享徳の乱が金山城で終わるんですね(全くの最後ではないけれど)。妙印尼まで出て。金山城に行った一泊二日の中世史セミナーも峰岸先生のお誘いでした。私は新田足利から金山城まで享徳の乱の舞台を辿ったことに今頃になって認識。

Dn_lzn5umaavr3i

 

人と人の出逢いほど大切なものはないと思う。そうして人は自分だけでない世界を見せて頂くのだから。たった一人で恣意的に例えば源氏物語を読んでいるだけだったらここまで来ていない。いろんな分野で活躍される方が思いがけず手を差しのべて下さってここまで上がってこられました。

 

11月6日

おはようございます。環境が変わって楽になったのですがこの自由をどう使いこなしていいのか、まだ不自由なままでいます笑。今日は穏やかな快晴。車窓から富士が見えてもいい気もするのですがそれは中央線でした。と、なんとなくボケています。笑笑

 

それにしても、六波羅蜜寺のこと、もっと知りたい。読みたい。先月まで行かれなかったから明日あたり図書館にでも行こうかなとなんとなく。

 

仏師をただ仏像をつくる人、彫刻家のような人、と捉えると運慶という人物を誤ってしまう気がする。と、このあいだ拝読した小説をまだ引きずって。そこには荘厳という意識が欠けているから。と、副島弘道氏『運慶』を拝読しつつ。もうじき到着。

 

TLで「運慶は都の貴族達より鎌倉の人達に共感していた」と。こんな優しい視点、今まで聞いたことがなかった気が・・・

 

これ、小説に生かさせて頂きます。はじめて運慶の心の奥に入れました。

|

« 2017.11.5 ツイッターから転載…28日の講演用パワポの編集にかかっています。北条時政が上手く入りました。→六波羅へ | Main | 2017.11.9 ツイッターから転載…日々の雑感 »