« 2017.11.24 ツイッターから転載…28日の講演「源氏物語の歴史と鎌倉の文化」用パワポの編集にかかっています。 | Main | 2017.11.27 ツイッターから転載…運慶展が閉幕しました&明日、鎌倉の生涯学習センターで「源氏物語の歴史と鎌倉の文化」という講演をします。午後1時からです。 »

2017.11.25 ツイッターから転載…講演「源氏物語の歴史と鎌倉の文化」用パワポの編集中。来年八月に講演させて頂くことに。

11月24日

おはようございます。詩吟の会の講演は逗子支部も共催に入って下さっているからこれを入れようと思っていたことを忘れていました。六代御前のことです。逗子市で斬られたのでした。このスライドは学会の発表に使ったものですが、これから時政が捕縛して最後には斬ったと編集し直します。

Dpwyhyoumaajy3a

 

パワポの編集。思いついて比企を示す地図を入れました。比企といってもご存じない方がほとんどでしょうから。

Dpslb5wsaethhe

ずっと来られなかった美容院終了。これでまず一安心、笑。昨日TVIKKOさんの美容意識を拝見したけど、素晴らしいですね。私は書くことに専念したら美容意識なんて吹っ飛んでしまうから少しは意識しようと思ったのでした。体調を整えるために玄米に変えたり、だんだん体調も整ってきています。

 

『リポート笠間』№63、拝受しました。ありがとうございました。いつも恐縮しつつ手にとらせて頂いています。

 

来年講演させて頂くお話を頂いて、私なんかでいいかしらと躊躇しつつ一応その旨をお伝えしたら日程はこの日で如何ですかと返ってきて、結局躊躇いながら承りましたとお返事。で、もうその講演のテーマを絞るべく頭の中で試案がぐるぐる。28日の講演も来年2月の講演もパワポすらまだ終わってないのに。

 

11月25日

おはようございます。昨日喪中のお葉書を頂いた方や諸々の所用の溜まっていたお知らせなど手紙を書いて投函してすっきりと思っていたら、今TLで手紙を書かねばの呟きを拝見して一件忘れていたことを思い出しました。こちらは気が楽な楽しい手紙だから今日書きます。気づかせて下さったことに感謝。

 

スマホでFacebookを更新するよう出ていたのでしたら応答しなくなって何度試してもダメ。気がついて、そうだ、スマホにFacebookは必要なかったとアンインストールしました。これでスッキリ。

 

なんか、スマホからFBが消えただけでこんなに身が軽くなった気分だなんて。今だってスマホは離れたところに置いてあるから関係ないのだけれど気分がこんなに。FBは必要に応じて夜チェックすればいいとは私の対処の仕方。自分から向かうのはツイッター。ほんとうにFBとツイッターって違いますね。

 

やっとある一つの言葉が浮かんでたぶんこれで決まり。昨日頂いた講演のタイトル。内容については今朝早々にOKを頂いていました。言葉は浮かぶまでが大変。家事をしながら考えていたからお陰でシンク周りがピカピカになりました。笑

 

タイトルもOKを頂きました。

 

パワポの編集。あの方が来て下さるから建長寺建立を。あの方がお見えになるから頼家の蹴鞠をなど思い入れて編集してきましたが、最後の実時と尾州家河内本にまでようやくたどりつきました。今回は時政をきっちり入れたからその分後半が省略形になったけど時政の怖さを知って仙覚を見るから却って完璧。

 

そうだ、時政の材木海岸の延長で和賀江島を入れるのを忘れてたと思い、入れようとして年代を見たら和賀江島は実朝暗殺よりずっと後。竹御所が将軍頼経と結婚して幸せに暮らしていた時代でした。和賀江島築造の二年後に竹御所が難産で崩御します。執権泰時の時代とは知っていたけれど認識不足です。

 

連ツイになりますが、今回の聴衆の方のほとんどがご高齢の方々と伺って、とにかくわかりやすく字を大きく楽しくを心がけて作っていたら、今までのがかなり学術的にこだわっていたことが判明。これは私自身が研究の真っ最中でそのこだわりにこそ意味があるとばかりに突っ張っていた結果なのだと反省。

 

建長五年の建長寺建立のスライドです。鎌倉の源氏物語ブームの主役になる宗尊親王は時頼の招聘。11歳で両親から引き離されて下向した少年宗尊親王を時頼は慈しみ崇めて仕えます。親王にとっては異国の地鎌倉で唯一頼れる父のような存在でした。時頼が生きていたら宗尊親王の更迭はなかったでしょう。

Dpe1_7yvaau5vc8_2

|

« 2017.11.24 ツイッターから転載…28日の講演「源氏物語の歴史と鎌倉の文化」用パワポの編集にかかっています。 | Main | 2017.11.27 ツイッターから転載…運慶展が閉幕しました&明日、鎌倉の生涯学習センターで「源氏物語の歴史と鎌倉の文化」という講演をします。午後1時からです。 »