« 2018.5.19 ツイッターから転載…滋子さんの短編のこと&新潮社校閲講座のこと&鎌倉禅研究会FBをアップしました | Main | 2018.5.24 ツイッターから転載…運慶と建春門院滋子さんの短編覚書(101…今までの分を100としてこれからシリーズ化)『たまきはる』の再読&円成寺に行きました! »

2018.5.21 ツイッターから転載…小駒勝美先生『漢字は日本語である』を拝読して他

5月19日

おはようございます RTのエリザベス女王の王冠の予告 昨日もRTして なんで王冠が好きかって考えたら王冠そのものでなく 王冠を見ると歴史が見えるからなのよねと言ったら 家人に 当たり前だろ 誰もフェイクの王冠を見て感動するわけない と呆れられました それはそう フェイクの王冠なんて笑

 

滋子さんの短編 後白河院を書くなら今様も入れなくてはと始めたら突然トーンダウン 調べていた時もそうだった 今様を調べはじめてつまらなくなり 真言密教! と思いついたら詩神が降りてきて展開した どうも私は芸事が苦手 院と今様 切り離せないみたいになっているのは単に梁塵秘抄のせい?

 

梁塵秘抄 国文学的には重要だけど 文学的にも院の個性がでるから必要のようだけど 不思議なことに滋子さんに絡んでこない それより滋子さんは院が熊野詣に行っている留守に俊成が判者の北面歌合を開催したりして 滋子さん 院の今様狂いをどう思っていたのでしょう

 

いつもと違う道を通ったら

Ddigrgxvaaiw1uc

5月20日

おはようございます 昨夜はTVエリザベス女王の王冠を堪能 昨日から新潮社漢字講座の講師小駒勝美先生『漢字は日本語である』を拝読しています そうだったのか~と 今まで抱えていた私のなかの「揺らぎ」がみるみる解消 書いていて辞書を調べても納得できない漢字の表記にやっと納得がいきました

 

私は以前は辞書を調べてもいたのですが あるとき仙人掌が読めなくて調べた時にどうやってもサボテンとでなくて諦めたことがあり 「おなか」を漢字で書こうとしても「お腹」だとルビを振らなくてはいけないのかしらと悩んだり だんだん辞書不信になって調べなくなっていました そういう謎が全部氷解

 

TLで校閲講座をみつけて通おうと思ったのは 私のなかに巣食っているこうしたしつこい揺らぎが解決できるかの望みを得て申し込んだのですが 校閲の講座では文章に対する真摯な姿勢を学びました そこで漢字講座もあることを知り 受講して このご著書に出逢い やっと当初の望みを果たした感

 

坐と座 私はどちらを使うべきか時々迷っていたのですが 坐は常用漢字でないから この字の意味はすべて座を使うことと でも座は「すわる位置」の意だから座席など 坐は「すわる行為」だから坐禅 こんなに明瞭な違いがあるのにいっしょくたに座を使えとは・・・(『漢字は日本語である』)

 

葛飾区の葛 先日も鎌倉禅研究会FBの入力をしていて 中が「ヒ」になっている葛ができなかった それも『漢字は日本語である』で謎が解けました 奈良葛城市のHPを確かめると 「葛」の文字は公式の表記と異なる可能性があります とあり公式の漢字が私のPCでは出ない JISコードのせいらしいです

5月21日

TLの呟きの世界の広さに反してなんと私の世界は小さいのだろうと思いつつ 一つ一つの漢字の迷いが払拭され 晴れて壮大な世界を手に入れたような爽快感 表記の揺らぎが一つ一つの漢字の迷いだったからなんて 脳裏にするか脳裡にするか 坐にしたいのだけれど座が正しいみたい の呪縛から解放されて

 

 

小駒勝美先生『漢字は日本語である』を拝読して でした

 

 

山本先生、ありがとうございます。常用漢字のこと、ひどいことになっているのですね。少なくとも坐と座はこれほど崇高性が違うのだから、両方使えて使い分けできるようにすべきと思いますし、そういう漢字がほかにも散見されることを憂えました。

 

 

山本先生、私は書く者としての立場としてなにか釈然としないものをずっと抱えていました。それが何に起因するのかわからず、迷いがある自分を不甲斐なく思い、それで校閲の講座を受講したりしたのですが、その結果として見えてきたのが常用漢字の問題でした。もう少し取り組んで考えてみます。

|

« 2018.5.19 ツイッターから転載…滋子さんの短編のこと&新潮社校閲講座のこと&鎌倉禅研究会FBをアップしました | Main | 2018.5.24 ツイッターから転載…運慶と建春門院滋子さんの短編覚書(101…今までの分を100としてこれからシリーズ化)『たまきはる』の再読&円成寺に行きました! »