« 2018.6.24 ツイッターから転載…講演の告知記事に誤りが&引き続き寺院揺曳の校正 | Main | 2018.6.26 ツイッターから転載…引き続き、寺院揺曳の校正 »

2018.6.24 ツイッターから転載…タウンニュース鎌倉版のこと&寺院揺曳の校正をつづけています&タウンニュース鎌倉版コラム第27回「平禅門の乱」の紙面

6月23日

おはようございます 昨日のタウンニュース鎌倉版の件は衝撃でしたが いろいろ考えるきっかけにも 記事を見たと申込んで下さった方からメールも 記事の効果は大きいです 私のような鎌倉部外者が タウンニュースに載せて頂けるのは 寺院揺曳という作品が私にあるから コラムもこれがあるから書けてます

 

タウンニュース鎌倉版は 金曜日に鎌倉市内の朝刊に織り込まれて配布され それは朝日も読売も毎日もと全新聞だから 鎌倉の方たちにとっては最大の情報源 発行部数が一桁違います そこに連載させて頂ける事になった時 まず鎌倉の方たちが驚かれた 記者さんとの巡り会いからだけど 寺院揺曳があったから

 

そういえば 鎌倉の方が命名して講座を設けて下さった事もあったけど その講座名が「隠れた鎌倉の歴史を掘り起こす」 鎌倉文学館の講座室をお借りして六回連続で行いました これも寺院揺曳が基盤 そういえば 最後の回は万葉集で 妙本寺の貫主様が行きたいけど法要があってと携帯でお電話頂いた思い出

 

寺院揺曳は その後鎌倉の源氏物語に取りかかって放置したままになっていて 出版していないから 鎌倉の方にも流布していない 今は仙覚の小説のほうが大事だからまだ出版にはとりかかれない でも 校正してたら 楽しいから続けます

 

寺院揺曳の校正 今日は第五章「孔雀経法」 守覚法親王といえば仁和寺の孔雀明王像 宋画のとても美しい仏画です 前回の第四章で守覚法親王が登場したことからその仏画に思いがいき 守覚法親王が修された孔雀経法にまで 以来孔雀経は私にとって最大の関心事 みたいになった章です

Dgwlz5uvqaag3kg

 

このあたりから ブログで孔雀経孔雀経と連日呟いたものだから 個人収集家の方が検索で連絡してらして 孔雀経を持っているのだけど よろしかったらお目にかけますよと 学芸員さんにご連絡してその方の孔雀経を鑑定して頂いたら なんと大変な本物だった などといういろいろな連鎖があります

 

タウンニュース鎌倉版の件は、講演の主催事務局様から申し入れて訂正を載せて頂くことになりました。TLで皆様に講演告知記事のRTにはじまり、間違った記述の訂正の拡散にお心遣い頂きましたこと、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

タウンニュース鎌倉版コラム第27回「平禅門の乱 平頼綱子息資宗と後深草院二条」の紙面です。平禅門の乱も寺院揺曳で取り扱いました。親玄という醍醐寺の僧が鎌倉に下向していて、その日記に詳細な経緯が記されています。そこではやたら孔雀経法が修されていて、守覚法親王の件で孔雀経法を修する意味

Dgxlyygueaaizd6

 

を理解したから、これは~と思って読み進んだら乱の勃発。親玄は執権貞時に頼綱調伏を頼まれて孔雀経法を修していたようです。と、そんな寺院揺曳執筆の過去がタウンニュース鎌倉版コラムに役立ちました。日記は『親玄僧正日記』。金沢文庫の図書室でガリ版刷りのような手仕事の翻刻を拝読しました。

|

« 2018.6.24 ツイッターから転載…講演の告知記事に誤りが&引き続き寺院揺曳の校正 | Main | 2018.6.26 ツイッターから転載…引き続き、寺院揺曳の校正 »