« 2018.7.5 ツイッターから転載…21日の講演に向けてパワポの編集に入りました | Main | 2018.7.10 ツイッターから転載…物語論を離れます&七夕に親行を思う »

2018.7.7 ツイッターから転載…物語論のこと&鎌倉禅研究会をまとめました

7月5日

鎌倉禅研究会FBの先週の会のご報告 ようやく第二講林田康順先生の「鎌倉と浄土教―光明寺を柱に―」を入力終了し これから校正して公開 十夜法要で有名な光明寺様の歴史でもあります 十夜法要は建物の改築を控え 今のかたちで修されるのはあと二年間だけだそうですのでお見逃しなく

 

十夜法要 一般参加者のことはなんといったらいいのでしょう 観る、では失礼な気がするし 参加、でもないし・・・ 一回だけ夜に観させて頂きました。引声念仏という声明がとても高い音色の美しい念仏と伺い行ったのですが ほんとに美しいお声でした でも、あのあたりは夜に帰るのは大変

 

鎌倉禅研究会FBに 先週の高橋秀栄先生「入宋僧円種」と林田康順先生「鎌倉の浄土教―光明寺を柱に―」をアップして公開しました 貴重なお話です ご覧頂けたら嬉しいです https://www.facebook.com/kamakurazenken/  写真は会場の建長寺様境内。柏槇の下に紫陽花が綺麗でした

Dhvyh_0vaaagjq7

 

昨日から体調が悪かったのですが 鎌倉禅研究会FBのまとめをしないうちは講演準備にかかれないから 今日は頑張って終わらせました 集中していたから気分悪かったのも忘れて大丈夫になったみたい 油断しないようそろそろ動きつつパワポにかかります おそるおそる でもあとは自分の世界だから気が楽

 

7月6日

体調不安で大事をとって横になって自分の時間 自分のための読書に浸っています 考えてみればこういう自在な時間って久しくなかった 橋本陽介氏『物語論 基礎と応用』 昨夜豪雨災害の危険に胸痛めながら一方でこのご本にご満悦 やっと辿り着いたかの感 求めていたものがここにありました 物語現在的語り

 

以前から書いていて不可解が自分のなかにあり その解決を求めて新潮社の校閲講座に通い 少し自信がついて漢字講座に通ったらさらに安定感が出て そうして受け取った来期の講座に橋本陽介先生の物語論の講座が それで図書館で借りてきたのが『物語論 基礎と応用』 バルトが物語論に「語り」を導入し…の

 

くだりに思わずゾクッと これだ!となりました。その後に書かれていた「物語現在的語り」の件 書いていてここが私にはどう処理するか迷いの極致でした 何も考えずに自動筆記的に書いていてもいいのですが 納得しないと気がすまない質なので ずっと紫式部の草子地などを考えては模索していました

 

ジュネットが『失われた時を求めて』を分析して『物語のディスクール』を書いたと読んで ふたたび これだ! となって 図書館で検索 プルースト全集の別巻に入っているらしいので 明日借りてきます それにしても ずっと物語論基礎と応用を拝読していて これってプルーストに全部包摂されている問題では

 

ないの? と思っていたら その通りでした こういうの 灯台下暗しというんですよね笑 最初から彷徨わずにプルーストだけ読んでいればいいものを! と私のなかで 物語現在的語りの誰かが笑 ツッコミを入れてきています 間もなく新刊発売 それまでにジュネットを読んでおきたい

 

ただいま《下弦》です

 

こういうときだけれど 記録として 橋本陽介氏『物語論 基礎と応用』から『ナラトロジー入門 プロップからジュネットまでの物語論』へ 刊行順とは逆の拝読になるけど かえって分かりやすい 基礎と応用 久しぶりにメモっての読書 空海の十住心論でノートに書き写して頑張った日を思い出したり

 

体調不良で動けないのをいいことに ほんとうに久しぶりに自分のための読書 ほんとうは明日はミニ遠征で千葉に行って 京都からいらっしゃる先生の講演をお聴きする予定だったのに

|

« 2018.7.5 ツイッターから転載…21日の講演に向けてパワポの編集に入りました | Main | 2018.7.10 ツイッターから転載…物語論を離れます&七夕に親行を思う »