« 2018.9.29 ツイッターから転載…仙覚の小説覚書(124)光能夫人を登場させることなどについて | Main | 2018.10.5 ツイッターから転載…大倉幕府シンポジウムのこと&ウンベルト・エーコの小説講座&シャルル・アズナブール氏死去のことなど »

2018.10.2 ツイッターから転載…日々雑感・アラン・ドロンのこと、台風24号のことなど

9月28日

カタツムリの赤ちゃん 切り捨てられずにいる柏葉アジサイの花と比べて ほんとうにちいさい

Doi0jxqv4aaznbt

送らせて頂こうと思って 出してきました 源氏物語と鎌倉 今朝は光が綺麗 レースのカーテンに薔薇の枝がシルエットになって 神々しいです

Dojtuiwxuaa5kns

源氏物語と鎌倉に この抜刷を添付して送らせて頂こうと 源氏物語と鎌倉の第二部は論文集なのですが これは源氏物語と関係ないので入れてなくて 風土と文化学会は 山口昌男先生と大橋一章先生が立ち上げられて 創設時から参加させて頂きました 楽しい会だったのですが 今はもうありません

Dojap80uwaami7b

『源氏物語と鎌倉』第二部に収めたのは この三つ 抜刷ももう 自分の校正用しか手元になくなりました 三つのうち 一番古い異本紫明抄が2005年ですものね 異本紫明抄自体 名称が変わって 今は光源氏物語抄になっています

Dojdjypv4aanx4

 

9月28日

先日のアラン・ドロンのドキュメンタリーでドロンに惹かれたので 昼のBSP地下室のメロディーを観たら やはりいい俳優さんでした やはり目力 巨大カジノの売上金を強奪するストーリーの カジノに群がる人間描写が さながら失われた時を求めて 学生時代にこれを観てわかったかなあと疑問です

 

ずっとドロンを横目で見ながらの人生だったから この際知ってみようと思ってドキュメントを観たのですが ジャン・ギャバンとの出逢いを語ってらして その出会いの映画 別にドロンの虜になったわけでなく こういう「人生」を感じさせる語りのできる人としての尊敬 仙覚さんの小説のための参考に

 

ほんとうは一気に小説にのめり込みたいのに それをしないで映画を観たり たらたらしているのは じきに10月の講座のチラシが届いて そうしたらパワポの編集にかからなければ という状況だから 中断の辛さ 戻れない辛さを避けてです 幹事さんが蹴鞠のチラシを一生懸命作って下さっているから

 

ほんとうに 別に虜になっているわけでないけれど 深夜もドロンの映画を観て ドロンは顔だけでなく肉体としても理想的 ということの実感 細身の華奢で繊細な美男子のイメージが覆され 充実して健康的かつ均整の取れ方も驚異なほど理想的 という存在だったことに なにかとても癒されています

 

たまたま観た二本が 追い詰められていく強盗犯 という内容だったし 太陽がいっぱいにしても 結局どんでん返しで追いつめられる だからこそあの美しい顔の翳りが生きるのだけれど ドロンのはまり役は 私には観ていて辛く 結局三本とも 最後のシーンを観てません とうていファンにはなれない笑

 

9月30日

吉祥寺で100分で名著薔薇の名前 第四回(最終回)の放送を鎌倉に行った日で見逃したので再読 エーコはやはり創作欲をそそります 一旦離れた薔薇の名前だけど ついまた戻ってしまいました 放送は探して観ます

 

エーコは やはりいいです!(仙覚さんの小説に向けて)

 

外は豪雨 時々突風が吹き荒れて 心なし家ががくっと揺らぐ 先ほど一瞬でしたが停電 廊下や各部屋にランタンを置いたから余裕のはずでも ランタンを点けるまでの一分と経たない間の暗闇に これが続いたら怖いと 心底思いました あと一、二時間 耐えて待つのみ 都心の方が大変なよう どっちにしても心配

|

« 2018.9.29 ツイッターから転載…仙覚の小説覚書(124)光能夫人を登場させることなどについて | Main | 2018.10.5 ツイッターから転載…大倉幕府シンポジウムのこと&ウンベルト・エーコの小説講座&シャルル・アズナブール氏死去のことなど »