« 2018.10.5 ツイッターから転載…大倉幕府シンポジウムのこと&ウンベルト・エーコの小説講座&シャルル・アズナブール氏死去のことなど | Main | 2018.10.8 ツイッターから転載…勉誠出版様の『書物学 13』特集「清原家の営為を探る」のことなど雑感 »

2018.10.6 ツイッターから転載…10月27日の講座【鎌倉と蹴鞠~京・鎌倉の文化交流】&ウンベルト・エーコのことなど

10月3日

1027日の蹴鞠の講座の募集案内が載った 広報鎌倉と 鎌倉萌と 幹事さんが頑張って作って下さったチラシが届きました チラシはのちほどアップさせて頂きます

Doiuzmou0aasjx_

 

広報かまくらに素敵な案内が 特別展「泉鏡花生誕145年記念ー清方描く、鏡花の世界」@鏑木清方記念美術館 お二人は親しい間柄でいらしたんですね

Doivswqu4aa3nyx

 

立憲民主党結成から一年 ツイッターをはじめられて フォロワーさんがみるみる伸びて あっという間に 1000 と思ったら 10000 とどんどん伸びて あんなもん みたいに斜に見る方のことなんか跳ね飛ばす勢いで 如何にみんなが真摯にこれを待ち望んでいたかが痛切に思われたのが たった一年前

 

枝野立て のハッシュタグに応えて下さっての 枝野さんのたった一人の立ち上げ会見と演説 有楽町での 悲痛だったでしょうたった一人のあの演説のお姿を思うと 今も感涙です

 

根底である知とか書物に対する情熱 中沢新一氏の発言だけど 100分で名著『薔薇の名前』 見逃した第四回をユウチュウブで観ました エーコがいいのは大前提だけれど 私の場合の読み方はすべて仙覚さんの小説構想につながげる為 万葉集の仙覚さんもまた 知や書物への敬服 これが原点と改めて思う

 

それにしても和田忠彦先生 今回もまた魅入ってしまいました 湛然として 発言なさる場合も醸し出される静謐さ それが「知」そのものに見えて清々しく 体幹のぶれがお有りにならないんですね ゲストに中沢氏がいらしたから 逆に悠然と構えられて 発言時間も少なかったのに充実されてました ← 蹴鞠のパワポにかかる前に いろいろ気がかりなものを消化しておこうと思って

 

昨夕の北東の雲

Doke6jruwaa19sx

 

スマホで撮った写真の保存が どうやらバグのようで 繰り返し設定し直しても上手くいかず 昨夕も綺麗な井の頭公園の夕景を撮ったのが全部ダメ この雲の一枚だけ無事 反対側の駿河湾方向からはもっとシャープな雲が延びていて それを保存しておきたかった

 

「武藤 那賀子学習院大学所蔵『源氏物語』河内本「帚木」巻 翻刻(第三軸)と僚本/古筆切」が、『尾州家河内本源氏物語』と密接な関係!

 

10月4日

おはようございます 一日講座【鎌倉と蹴鞠】のチラシです 10月27日(土)午後2時~@鎌倉市腰越学習センター 幹事さんが下鴨神社様から蹴鞠の写真をお借りするなどして 頑張って作って下さいました

Don2aw7vsaa1nhh

 

【鎌倉と蹴鞠】では飛鳥井雅経を中心にお話します 雅経が頼朝に仕えて頼家に蹴鞠を教えたこと あまり鎌倉の方もご存じないけど 鎌倉の文化にとってとても重要と思っています 雅経の妻は大江広元の娘だし 次男の二条教定は『吾妻鏡』の資料にも貢献しているし 孫の飛鳥井雅有の妻は北条実時娘だし

 

飛鳥井雅経を巡って文化を見ると 『吾妻鏡』一辺倒だった鎌倉の歴史が 如何に武士文化に偏っていて 一面でしかなかったかが よくわかります 雅経は実朝とも親しいし 鴨長明を連れて鎌倉に下向し 謁見させているし・・・など もっともっとエピソードはたくさんあります

 

余談: このチラシを作るのに 幹事さんからプロフィール写真をと申し出られて 極力顔出しを避けていたのに 観念しました笑 昨年は不要だったのに~と思いながら 幹事さんも「今年は」と仰るし そうしたらタウンユースでのインタビュー 記者さんに撮って頂きましたが まさにダブルパンチでした

 

腰越の【鎌倉と蹴鞠】講座 幹事さんのお便りで休憩をはさんで前半と後半にと 標語のとおりに全編を飛鳥井雅経でとおすか 雅経の子どもたちに話を及ばせるか迷っていたのですが 前半を雅経 後半を子孫 とするのにちょうどいいと 思いがけずあっけなく解決

|

« 2018.10.5 ツイッターから転載…大倉幕府シンポジウムのこと&ウンベルト・エーコの小説講座&シャルル・アズナブール氏死去のことなど | Main | 2018.10.8 ツイッターから転載…勉誠出版様の『書物学 13』特集「清原家の営為を探る」のことなど雑感 »