« 2018.11.27 ツイッターから転載…実朝についての考察、終わって余韻 | Main | 2018.11.30 ツイッターから転載…初めての講演、2010年11月「紅葉賀」のこと »

2018.11.29 ツイッターから転載…鎌倉ペンクラブ講演会菊池威雄先生「佐佐木信綱博士」を拝聴してきました等

11月24日

鎌倉の前にと思って早めに出たのに 事故で運転中止 やっと再開して動いているのだけれど 予定は諦めなければならなそう 道中のお供に持って出たのはkindleタブレット 実朝からすっかり離れてプルースト 運転中止のあいだ 浸りました

 

意識的に避けていた縦の構図を使いはじめたら こんなの撮っていたなあと 写大時代の「見る」という課題を思い出して 午前の予定は諦めました

 

今日はこちらに 佐佐木信綱博士は比企の小川町に仙覚さんの顕彰碑を建てた方ですが なんと実朝研究の分野でも定家所伝本を発見された方でもあり 驚きました

Dsvizunu0ae5jcg

夜の鎌倉駅ホームから

Dswu1myvaaax4vj

 

何回も鎌倉に行ってるけど 乗り過ごしたのは初めて 戻っていつもの路線です 今日は往路からさんざん 実朝に充足し過ぎて上手く社会浮上できてません笑

 

今日は万葉集の研究者でいられる菊池威雄(よしお)先生の佐佐木信綱博士についてのご講演でした 驚いたのは信綱博士は生涯自由に研究したいからとずっと非常勤講師でいられたと それであれほどのご研究を? というのか だからこそ なのかわかりません 打上でも話題に

 

菊池先生とはペンクラブに入会した年からお話させて頂いていて 打上で仙覚さんを知らない方に 私のことを 万葉集研究者がしないところを研究している と説明して下さって そうなのか と改めて自分で思いました

 

仙覚さんは知られてないけど 9月まで連載していたタウンニュース鎌倉版コラムの最後を仙覚さんの万葉集と源氏物語で締め括ったから 読んで下さった方々は身近に感じて下さっていて良かった 仙覚さんの小説に専念するための連載終了と豪語したから 進んでる? とは尋ねられましたが う~ん 実朝がと笑

 

佐佐木信綱博士は一時期鎌倉に住んでらして それを菊池先生は 鎌倉には実朝と仙覚がいるから その憧れでしょうねと そうなのか~ と今まで仙覚さんのことは漠然と感じていたけど 実朝をやった直後だから そういえば実朝もいる  突然リアルな驚き

 

11月25日

おはようございます 昨夜はいつもお付き合いするワインのお店を辞して帰った だから深いお付き合いをした充実感がありません なのに物足りなくないのは私に仙覚さんがあるから 昨日はそれを確認した日でした ご講演を拝聴しながらその先の広がりを思っていました 荒涼としてゆたかな私だけの世界です

 

昨日も 佐佐木信綱博士が金槐和歌集定家所伝本を発見されたことから 実朝の話が出て私は実朝に光行さんが関わっていたことを興奮してお伝えしたいと思うのだけれど でも ぽかんとされるだけだろうなと控えました ここのところこういうことばかり 私の世界は小説に書いて発表しない限り 何方とも共有

 

できなくなっていて ツイッターで経緯を呟いているから 私の本当のところを知って下さっているのは この世で ツイッターの呟きを読んで下さっている方たちだけ  なんか以前には考えられない不可思議な現象になっています(ツイッターがなかった以前には 昨日のような会が充足の場でした)

 

朝 今の私の本当の思いをご存じなのはツイッターを見て下さっている方々で 現実ではそれを共有できないと呟きましたが 研究中の経緯をご存じなくても 成果を評価して下さるのはリアルな方たちで だから昨日のような会にも呼んで頂いているのだ ということが今頃になって理解できて しみじみ感謝

 

最近 折角いろいろなところに出向いても 抱えている小説世界を共有して頂けないもどかしさがフラストレーション的に溜まって どこに行っても こう言ってしまってはいけないのでしょうけれど つまらない だから翌朝はたいてい不満的なツイートになってしまいます 済みませんでした

 

夜の井の頭公園にて

Ds1jsdku8aetyl3

 

11月26日

ホームに年配の男性が 文化村トレチャコフ美術館展のカタログを持ってらして 表紙の忘れえぬ女の眼差しとしっかり眼が合い やはりアンナ・カレーニナだなあと思う 最初にその印象だったから 最近TLでそういう論文があると知り やっぱりなあと思ったばかり

 

毎朝 毎日 ふとした時に目眩がしないか気を使う でも以前のようには体調が体の芯から強くなったと感じるから もうたぶん大丈夫 仕事のプレッシャーや社会の軋轢なんかもあったけど 今思えば義父と母を看とるまでの10年間の疲労の蓄積があった 今その立場にある方を心から応援します 疲労は後を引くから

 

11月27日

実朝の文章 もう完全にできているのですが ただの怠惰でまだ送っていません 見直していると微妙に文章が練れていく その感覚が楽しくてあえて怠惰を決め込んでいるような 実朝世界に浸っています

 

未明にある試みをしてすぐその場で取り下げました 閃いていいアイデアと思ったのに 実際に眼で見た効果が真逆 なのでまたしまい込もうと思ったのですが 今朝またひとつ閃いて 今度はそれを実行に移そうかと 含みだらけのツイートですが いろいろ試してみます 仙覚さんについてのこと

 

実朝についての考察を送ってしまおうと思っているのに プリンターの調子が悪くてできない 4部添付して送付というのに泣

 

井の頭公園も紅葉がはじまりました

Ds_x6ecuuae1avz

来年2月と3月の比企での仙覚さんの講演 テーマを詰めていたのですが 二回を連続講演とするのでなく 一話完結で二回とお応えを頂いたので 一回を「仙覚律師と『万葉集』」 もう一回を「仙覚律師と鎌倉」としようかと まだ漠然とですが考えました 仙覚と鎌倉 これは仙覚と実時!です

|

« 2018.11.27 ツイッターから転載…実朝についての考察、終わって余韻 | Main | 2018.11.30 ツイッターから転載…初めての講演、2010年11月「紅葉賀」のこと »