« 2108.11.21 ツイッターから転載…金沢文庫「顕われた神々展」内覧会に行きました&実朝の歌の師についてなど | Main | 2018.11.23 ツイッターから転載…実朝の歌について論旨がまとまりました »

2018.11.22 ツイッターから転載…実朝の歌の師についてなど続き

11月18日

山本勉先生の円成寺大日如来像についての思い出を拝読させて頂いて そのお像についてもった感慨が甦り やはり居ても立っても居られない気持ちになりました 実朝にかかりながら仙覚さんの講演について考え その先の小説化を志し なのに最勝光院滋子さんも放置できず 気が多すぎると自分で思います

 

今日仙覚さんの講演の件で比企からお電話 テーマを詰めているのですが ふっと仙覚さんと北条実時の交流をテーマにするといいかもと 切ってから思い浮かぶ これはなぜ仙覚さんが晩年比企で『万葉集註釈』を成したか の「なぜ」の解明 調べなければならないことができました

 

先ほど実朝を調べていて執筆中の原稿の設定にミスがあったのをみつけたように 実朝も雅経も定家も運慶も たぶんみんな仙覚さんの小説のなかに組み込まれる 今放浪しているのは 寄り道ばかりしているかに見えるけど 結局それが資料収集の堆積になっていくのだろうと 最近思うようになりました

 

驚いたことに みんな同時代を生きたり 人脈として繋がっていたり

 

11月19日

おはようございます 光行さんは歌の師ではありませんでした 昨夜現代語訳吾妻鏡から歌の関連条を抜き書きしていたら 18歳の時に建永元年に学び始めた後の歌30首を定家に送る とあって それは光行さんがもう帰洛してからのこと ちょっと蒼白になって でも気を落ち着かせて考えているうちに 論旨がたって

 

今ツイートしています その前年に実朝は新古今和歌集を入手しています その後古今集も入手 実朝はその2冊から独学で歌を学んだのでしょう それで30首を定家に添削を頼んだのだと思います 定家は添削に付して近代秀歌を贈ります 実朝はそれでさらに独学を進め 金槐和歌集をまとめたのでしょう もちろん

 

光行さんの功はあって 8歳から父親代わりに養育係をしていた時に 歌の手ほどきもしたはず それが14歳の時の12首です 建永元年学ぶの条を見た時に では周囲に誰が師となれる人物がいるかと見ても誰もいなくて その内に孤高な実朝の精神性から屹立した「独学」の路線が見えてきました

 

追記: 光行さんは自ら書写した万葉集を持っています 養育係の時の手ほどきにそれを使って実朝に万葉集を教え それが実朝の基本にある万葉調として浮び出たのだと思います

 

追記2: 実朝の歌の師はいなくても 知親が定家に実際について学んできた人物だから 実朝の独学の導き手として知親の存在は大きかったでしょう 建永元年に学んで以降というその建永元年の前年に 知親が京から帰って 実朝に新古今和歌集をもたらしています 独学はそういう流れで始まった?

 

追記3: 定家卿はどんな風に教えるの? それはこれこれこんな風にして と実朝と知親の会話が眼に見えるようです 今まで光行さんを歌の師にしたかった時は 知親の存在が目障りだったのですが 知親様 ごめんなさい

 

吉祥寺は雨が降ってきました

Dswnb5nv4aeljxj

 

11月20日

おはようございます この頃自分で写真を撮らなくなったから 執筆中の原稿や調査を呟いてもTLが渋く たまたま流れてきた綺麗な外国の方々の写真をRTさせて頂いていたら 今この瞬間にこれを投稿している方があの国に入られる! ということを実感するようになって 写真が単に綺麗な写真でなくなりました

 

視野とともに心の視界も広くなり 鎌倉の源氏物語の活動で閉塞的になっていた私自身も解放して頂きました (そうしたら 気がついたら撮る時に構図の切り取り方も変わっていて 以前は史跡を撮っていたからそれが重要で殆どアップの写真 それがその必要がなくなった今 全景を撮る心地良さ! 広々!)

 

RT 今感じていることがまさにこれ しかもツイッターはリアルタイムでその写真を投稿される方の息吹を感じることができます 凄いなあと思う 最近よく思い出すのですが 荒川洋治氏『水駅』が ただ地図を見て書かれた詩集ということ この衝撃がある意味私の原点

 

コピーをとりに来たのだけれど 先客 自販機の珈琲を休憩室で しばしの寛ぎ 思いがけずもたらされた休息

 

スマホのkindleで金槐和歌集 タブレットで引いたマーカーもきちんと表示されています

 

大体の考察にメドがたったから 昨日から金槐和歌集本文の実朝の歌を読んでいるのですが 実朝は良経が好きだったのでしょうか なんか 良経を読んでいるみたいな感じ 似た二人なのかも 真面目な歌人という

 

切り取ってみたくなった風景

Dsbc2drv4aaxkg0

|

« 2108.11.21 ツイッターから転載…金沢文庫「顕われた神々展」内覧会に行きました&実朝の歌の師についてなど | Main | 2018.11.23 ツイッターから転載…実朝の歌について論旨がまとまりました »