« 2018.10.31 ツイッターから転載…腰越学習センターの講座【鎌倉と蹴鞠~京・鎌倉の文化交流~】が終わって | Main | 2018.11.6 ツイッターから転載…鎌倉に実朝の歌碑を撮りにいきました »

2018.11.3 ツイッターから転載…蹴鞠の余韻や実朝のことなど

10月29日

窓を開けたら薔薇の香りが 咲いているんだ! と思って見たら葉に隠れて残念な具合 よく見ると数輪咲いているので 二階に上がってベランダから それでもベストショットを撮れない位置にばかり 生やし放しのツル薔薇

 

コピーして送らせて頂くために花の蹴鞠を読み返していたら 安達景盛が頼家に大切な人を奪われた事件とその後の一連が綿密に書かれていて 自分の作品でありながら感涙 景盛を愛人を奪われた過去のある 深い陰りのある人物に描いていまず この作品の影の主人公

 

一昨年体調を崩して もう時間がない の危機感から仙覚さんの小説を完成させておかなければ の思いが湧いたのだけれど この花の蹴鞠も 読み返したら結構重要 私に時間があるうちに どちらかというより 両方を

 

10月30日

おはようございます やっと講座の余韻に引きずられての蹴鞠気分から離れました 花の蹴鞠も仙覚さんの小説も どちらも自分の内側から生み出すものだから どちらかにかかると もう一つの世界には戻れない このまま花の蹴鞠の完成に向かってしまうかとはらはらしました いつか完成したいけど

 

あまりのふわふわ感に買ってしまいました アリクイのぬいぐるみ 疲労が溜まって なにかふわっとしたものが欲しいところでした 右腕がもう腱鞘炎まっしぐら状態だから 講座も終わったことだしと のんびり時間をかけてマッサージ等しています そこにこのアリクイさん 右脇に挟んでPCをしたら とても楽!

Dquf5njuwaevnxh

 

そういえば蹴鞠の講座のパワポ 蹴鞠だから優雅にと思い 地味な色合いの史跡の写真にこだわらず 華麗な色合いの写真や引用ばかりを背景に使って作りました 84 見るからに華やかで 幹事さんに感謝されること度々 作った甲斐がありましたが 腱鞘炎まっしぐらへの道との戦いでした笑

 

井の頭公園もメタセコイヤが色づいてきました

Dqvuwsdu0aeazfr

 

@吉祥寺

Dqvxtmhvsae_qbt

 

そうだったのか~と感慨 実朝について読んでいるのですが 右大臣就任ための拝賀に臨んで討たれたその右大臣は 左大臣九条良輔の逝去で 右大臣だった道家が左大臣に移り その空いた席に実朝が就いたという偶然で可能になったと 良輔の急逝は兼実の側から読んでいたけど それが実朝に関係していたなんて

 

文化は 京は京の人脈 鎌倉は鎌倉の人脈だけで見ていても 繋がらないものですね! 複合的 多角的視野が必要で だから 知識はただ知るだけでなく 重ねていく時と経験が大切

 

実朝と良輔の急逝の件が頭から離れないのだけれど 良輔は河内本源氏物語の光行さんと漢詩の多分仲間で その頃は帰洛していたから 急逝を悼んだはず なのに 直後に鎌倉で実朝が殺されて 光行さんは鎌倉では実朝の教育係みたいな人だったから そこでも実朝の死に驚愕して その頃の光行さんの思いは…と

|

« 2018.10.31 ツイッターから転載…腰越学習センターの講座【鎌倉と蹴鞠~京・鎌倉の文化交流~】が終わって | Main | 2018.11.6 ツイッターから転載…鎌倉に実朝の歌碑を撮りにいきました »