« 2018.11.10 ツイッターから転載…鎌倉禅研究会に行きました&実朝と万葉集についての考察を始めます | Main | 2018.11.18 ツイッターから転載…実朝と定家の関係を探ってたどり着きました!京都実朝応援隊! »

2018.11.17 ツイッターから転載…kindle版『金槐和歌集』 購入しました&実朝の側近を調べる等

11月9日

kindle本『金槐和歌集』 購入しました 流布している岩波文庫版が江戸時代の板本である貞享本を底本としているのに対し 昭和4年に佐佐木信綱博士により発見された定家所伝本を底本としているそう 定家所伝本を探していて このkindle本にたどり着きましたラッキーです

Dripcwqvyaafi8r

 

kindle版口絵 藤原定家所伝本金槐和歌集 定家が書いた本なんですね 鎌倉から送られたのを定家が所持した本とばかり思っていました それを確認したくて時雨亭叢書で探したりしていて kindle本に出会ったのでした

Driy_iducaexaxc

 

目次も充実しています

Drizr3nuuayk2pk

 

久しぶりに遊びました 小さなイルミネーション笑 息抜きです

Drkesbtuwaeppvv

最近資料を整理してたら出てきた「花の蹴鞠」用に作成した年譜 定家と光行さんと飛鳥井雅経が 兄弟のよう

Drkwpbhuwaayrij

こちらは万葉集用に作った初期のもの ちょうどいいので これを再利用して これから実朝を書き込みます

Drkxjlvsauhokl_2

 

実朝の誕生はすでに書き込まれてました(右側) これを見ると 実朝が生まれた時はもう光行さんは鎌倉に下向しています(左側『若宮社歌合わ』の後下向)

Drkyqvhu8aea72c

吾妻鏡から 実朝の定家と万葉集関連の事跡を抜書しようと思っていたら kindle版金槐和歌集に なんと年譜まで付されてました なのでこれを先のツイートの 私が作成した年譜に組み込みます

 

来年の仙覚さんについての講演の件でお電話 二回の講演のテーマをどう配分するかなどお話しました 私としては自分で絞って決めるより こういう話を聴きたいというご要望を頂いたほうが楽

 

来年は というよりもうこれからは 仙覚さん一色の生活になるのなかあ そのためにも早く 実朝を仕上げなければ

 

突然湧いた雲 雷雲かと思っても雨が降らず  と思ってベランダに出たら全天でなく 南発生から東北の帯状 これは東を向いて撮りましたが 上空に青空が見えています

Droii0qucaajzpq

 

11月10日

夜に入り将軍家(実朝)明月に乗じ由比の浦に出でしめ給ふ。一両艘の舟船を粧ひ、六七の輩の伶人を召す。管弦各々妙曲を尽くす。(吾妻鏡、元久元年120413)…吾妻鏡から実朝の歌に関する条を抜きだそうとしているのですが、歌よりもこうした船での管弦の雅が眼につきます。これは将軍になった翌年の

 

13歳の時のだから、周囲の人間が実朝の嗜好を配慮しての企画でしょうけれど、歌も実朝自身が積極的にというよりも周りの人(知親や雅経)が配慮してもたらしている感じ。もちろん、実朝はもたらされて大感激するのですが。なにか、周りにそうした配慮を指揮する人物がいるような。空間としてそんな気が。

 

将軍が変われば側近も変わるでしょうけれど、これは、頼家の時にも船の管弦遊びがあったかなど、吾妻鏡で確認したい問題。

 

11月11日

武蔵野の雑木林@井の頭公園 木々が色づいてきました

Drr4zmpvyaai6_3

 

足元にはどんぐり

Drr5k1evsaasrb9

 

カトリック吉祥寺教会の薔薇 右手奥にマリア様像がいられます

Photo_2

 

カトリック吉祥寺教会のマリア様です

Drslddxucaetxmr

 

この本を地元の図書館で借りられる幸せ

Drsfsrku0aahyz7

 

頼家期と実朝期の側近のようすを比べてみようと思い 借りてきました 速読には現代語訳が一番 執権政治になってからの後半は揃えてあるのですが まさか源家時代のことをするなど 思っていませんでした

 

kindle版金槐和歌集にある実朝年譜をざっとたどって思ったのは 従来実朝の意志でといわれてきたことが 案外実朝の性格や嗜好を知る側近が 実朝のためにと動いたのかもしれないということ 将軍実朝を主語にして語られてきたのとは別の気が 実朝は愛されてます!

 

私が側近の存在を感じるのは 11歳で下向された少年将軍を気遣って 北条実時や源親行が 親王の文学的資質を見抜いた上で 源氏物語の環境を作ってあげたという 過去の考察があるからです 少年将軍は側近で育てられて その人らしく成長するのではと思う

 

実朝のご本が届きました 先日禅研究会でお話した鎌倉の方から 鎌倉国宝館の実朝生誕八百年記念出版のご本です 平成四年の刊 こんな立派なご本が……と驚きつつ 早速読ませて頂いています!

Photo

 

吾妻鏡の頼家の項 読了しましたが 頼家の時代の遊興は遠出では狩り そして御所で能員邸で永福寺でと連日の蹴鞠 実朝期に見たような船の遊覧や管弦は皆無でした 頼家が御家人と対立していたからの趣があったにしても 趣が全く違いました 眼が疲れるから 今日はこれまでにします

|

« 2018.11.10 ツイッターから転載…鎌倉禅研究会に行きました&実朝と万葉集についての考察を始めます | Main | 2018.11.18 ツイッターから転載…実朝と定家の関係を探ってたどり着きました!京都実朝応援隊! »