« 2018.12.8 ツイッターから転載…『吾妻鏡』を読む会に行ったことなど雑感 | Main | 2018.12.13 ツイッターから転載…仙覚の小説覚書(125)ノートルダムドパリショック的将軍頼経の心情に即しての経験など、日々雑感 »

2018.12.11 ツイッターから転載…鎌倉禅研究会で建長寺様に、など

12月5日

おはようございます 今朝は曇天 昨日は仙覚さんのための資料やら何やらを出して整理してたら 無いと思っていたものがこんなところに など昨今の如何に忙殺に振り回されていたかの残骸だらけ 心機一転に執筆用のノートを新しくしようとして これも廃棄寸前だったシステム手帳を流用する事にして 快適に

 

システム手帳 重たい荷物から目眩が始まったので もう絶対に使えないとなり お気に入りだったから後髪を引かれながら放置していました A4を見開きで入れられる2つ折クリアファイルが便利だったのですが そこにエクセルで作った年譜を入れたらいいと目に留まって復活 これで一々年譜を探さずに済みます

 

こういう状態です 写っている万年筆はプラチナ ペン先がお気に入りで使っています

Dtnpupcuwaaoymv

お手頃価格なのに ペン先がお洒落なんですよ 鈴木大拙展に行った時 大拙さんのメモ帳が極細を超えた極細万年筆でびっしり字が書き込まれていて綺麗で憧れ 探してこのプラチナにたどり着きました でも超超極細万年筆って 書いているとインクが切れて霞んできて大変です笑

Dtnr7mdvsaac5o9

今日はいろんなことの片付けものと登録に時間を費やして少し心がカサカサ 曇天だったし  昨日の明るい空の下で撮った赤い蔦の写真をアップして気分を直します

Dtpydfquwaaxf5i

 

今日は来年早々の比企の講演 仙覚さんについてのテーマを主催者様に送信 2月が「仙覚律師の生涯と万葉集」 3月が「仙覚律師と鎌倉 ー万葉集を中心にー」としました 現地の方にとって仙覚さんはもう究明され尽くした感があるでしょうから 如何にそこに私にしか掴めていない新味を醸すか に努めます

 

12月6日

雨の中の紅葉@井の頭公園

Dtskm14u4aap_7k

座れたから途中停車しても少しはいい 前回止まって立ったままだったから またそうなるのを避けて私鉄にしようと思ったけど どっちにしても鎌倉は最後はこの線一本 鎌倉の方はもう止まっても また~ の諦めでいられます 雨の鎌倉 綺麗でしょうね

 

先月の例会で 名刺をご覧になって タウンニュースの連載の方?  通しで全部読みたいのだけど本の予定はないんですか?  せっかちな方のようで(失礼) 話し方に煽られてコピーして来月持って来ますとお約束したのだけれど 実朝に没頭してたからすっかり失念 今朝思い出してア然 纏めなければですね

 

今日はタブレットを持って出ました 金槐和歌集も新九郎走るも入ってます もう洋は封印して和に徹し 仙覚さんに集中すると決めたから 持って出る本がない!笑 どうせなら仙覚さんの原稿が入っていれば推敲できるのにと考えて そうっか なんとかしようかなとひらめきました なんとかできるでしょうか

 

雨で遠くの小高い山々や住宅地が煙っています 手前の銀杏や楓は黄色紅葉真っ只中 こちらは雨で色がくっきり 車窓を楽しんでいます

 

道中の徒然に タブレットでワード を検索してみました

 

雨上がりの日は苔が綺麗です 背後に鐘楼@建長寺様

Dttc3bvyaaytv3

 

もっとゆっくり寛ごうと思ったのだけれど 乗り換え案内を見たらあと数分で来る 逃したらまた三十分は遅くなるから 急いでホームに というわけで帰途につきました笑 直前までご一緒だった方々 楽しかったです!

 

今日はこんなに頂き物 濡れた傘を入れるために持って出た小袋が役立っています 喜ばれそうな方のために 二冊

Dtulipmuwaejde3

夜の造形 見たことのない渋谷です 前回来た時はまだ今までどおりだったのに

Dtuzsiruuaattov

かつての東横線渋谷駅ホーム たしかそのまま残って 通行できるんですよね

Dtu0sruu4aafwyg

|

« 2018.12.8 ツイッターから転載…『吾妻鏡』を読む会に行ったことなど雑感 | Main | 2018.12.13 ツイッターから転載…仙覚の小説覚書(125)ノートルダムドパリショック的将軍頼経の心情に即しての経験など、日々雑感 »