« 2019.1.13 ツイッターから転載…武士の家系かも&東山道から北関東がなぜ栄えたかについて&クラムスコイのことなど | Main | 2019.1.15 ツイッターから転載…仙覚さんの講演のパワポにかかります »

2018.1.14 ツイッターから転載…広尾の都立図書館に行きました&行基について瑜伽師地論を拝読

1月10日

おはようございます 中国西安にオープンした書店の壁面グラフィックを担当された黒田潔氏をRTさせて頂きましたが 私は黒田潔氏のファンで 氏の作品が背景のNiftyブログのテンプレートを使わせて頂いています 無料テンプレートなので申し訳ないのですが お陰で好評です 

 

素敵なお便り 海外で長くお仕事されてたからでしょうか この方から頂くお便りはいつもカード 今日のお便りはちょっと意味深 微笑んでしまいました

Dwhmaztv4aaawbh

 

お年賀状の返礼とスケジュール管理など 当面するべきことをし終わったら気が抜けて 仙覚さんの原稿気分まで吹き飛んで どうせ今執筆にかかったって じきにパワポを始めなければならないから中断だし と気持ちが宙ぶらりん  こういう本を眺めています

Dwivaz1uwaap0im

 

こんなにすっかり気持ちが抜けるってあるのですね いつもなにかしらに追われていて 強迫観念や責任感や怠惰なのかと自分を責める思いとかでいっぱいで 何をしても落ち着かなかった ただ執筆にかかるしかないと思ってました 執筆は講演が終わるまで無理とわかっていても

 

もしかして これって ヤル気がない ってこと? TLで見てビックリ

 

宵の三日月 @吉祥寺 (正式には三日月とはいわないのかもしれませんが、細い細い月)

Dwjcyeuyaawk85

 

1月11日

おはようございます 昨日花屋さんの店頭に啓翁桜を見ました 冬の桜 一足早い春ですね 昨日の無気力はなんだったのでしょう 一瞬方向性を見失ったかのようでした笑 回復して今は元気です でも いいリセットになりました 今日は行けたら図書館に 図書館は活力の源になります

朝の光のなかでアロマオイルを 久しぶりです 源氏物語千年紀の年に鎌倉の源氏物語の写真展をして その時に会場で焚きました その後『源氏物語と鎌倉』の執筆にかかって放置 目に入ってもスイッチを入れる余裕もなく やっと昨日オイルを買ってきて

Dwlwhxyuuaeoj0h

逆光がいい具合

Dwmw3irvaaabif9

 

有栖川宮記念公園から見る夕景

Dwnfujvvaaaxpxq

 

有栖川宮記念公園内にある都立図書館からの帰り 日比谷線車内の網棚が麻の葉模様の透かしガラスでした 何回も乗っているのに気がついたのははじめて いつから?

Dwnffwsv4aezxzy

 

通る度に気になっている花屋さん カフェもあるらしいから入ってみたいのだけれど 勇気なくて@広尾

Dwopfxwuuaeg76q

この花屋さん 夜になると電飾が たぶん一年中 木にも たぶん一人ではいつまでたっても絶対入れない@広尾

Dwop1xuwaelh3g

 

1月12日

おはようございます 深夜に行基についての連ツイをしましたが 行基開基を行基開山と誤って記しましたので削除して そこだけ直してコピーした同じものをまた連ツイさせていただきます

 

今日は都立図書館に院政期の女院関係のコピーに行ったのだけれど 最近行基について書かれた方とお話して 行基開基の寺院が関東でもどこでもある謎を教えて頂き その方のご本も拝見 それで瑜伽師地論が気になってそれもコピーしてきました 行基は眼にする割には実態を知られてませんね

 

仙覚さん関連で見る寺院も行基開基があり でも私は中世からの歴史だから行基まで遡って考える必要はないと決め込んで 行基を役小角と混同して誤ったイメージでいたことが判明 びっくりしています だからといって私が今古代まで遡る必要はないけれど 志水庄司氏「『瑜伽師地論』検証」をコピーして

 

それにしても 図書館に行けば仙覚さん関係の執筆気分が刺激されるかと期待したのですが 行基に気持ちがいくなんて と??? いつもならこういう時 いくら行基が目の前に現れても排他的気分で取り込みません 結局私は仏教の学問が好きなんだなあ ということでしょうか 行基その人より瑜伽師地論

 

前から気になっていたから・・・

 

冬の雑木林@井の頭公園

Dwsnnaiuuaaqr7q

志水正司氏「瑜伽師地論検証」拝読して目から鱗 今まで無着からしか読んでいなかったから その無着のよってきたる根本がここにあったのでした 玄奘が持ち帰って翻訳したもので 日本には玄奘に師事した道昭がもたらし 道昭から行基にと 日本に玄奘に師事した僧がいらしたことにも驚き

 

お正月の鹿島神宮以来 なんか古代づいている だから行基にも違和感なく入っていかれたのかも なんか意味があるのでしょうね この流れ なんか そんな気がする

 

1月13日

おはようございます 昨日オリンピックの費用を復興に充ててたら復興はもっと進んだのにというtwRTしてから それが頭から離れなくなって 行基はこれをしたのだ〜!と 瑜伽師地論は大乗仏教の根幹で その菩薩地に人々を利益救済し ともに仏道を成就しようとする利他行が説かれているという 志水氏論文

 

に「利他を重んじた菩薩行を説く瑜伽師地論は、奈良時代に盛行する慈善事業の思想的支柱となった」とあり なんか やはり仏教の根幹はここにあるのであり そういう仏教国であったはずの日本の今の現状のあまりの真逆さに震撼としました 取り戻さなければいけないのは そういう支柱

 

それにしても この瑜伽師地論を得るために玄奘は命を賭してあの西遊記の旅に出たのであり この瑜伽師地論がなかったら その後の無着世親もなく 玄奘はどうやってこの瑜伽師地論を知ったのだろうとか もう私の興味は玄奘のその奥に行きそうで 遡る習性のここに極まれりの感です笑

 

ウィキで玄奘をみたら 玄奘はすでに出家した状態で唯識を学んでいるから 玄奘が仏教史としてそう根幹な訳ではなく 瑜伽師地論の存在をその学びの中で知り 西遊記の旅に出たのは自然 以前 長沢和俊先生のご著書に感動して浸ったというのに すっかり忘れてました 再読したい

|

« 2019.1.13 ツイッターから転載…武士の家系かも&東山道から北関東がなぜ栄えたかについて&クラムスコイのことなど | Main | 2019.1.15 ツイッターから転載…仙覚さんの講演のパワポにかかります »