« 2019.2.18 ツイッターから転載…シャルダンから…&二回目の講演に慈光寺経浮上 | Main | 2019.2.24 ツイッターから転載…小川町の講演を終えて 鎌倉禅研究会も終えて これから仙覚さんに専念します »

2019.2.22 ツイッターから転載…小川町の仙覚さんの講演、一回目が無事に終了しました

2月18日

おはようございます 二回目の講演の土台にしようと思う過去パワポ 古いHDDから取り出しました 慈光寺経というと九条家ですが それは早世の後京極良経の菩提を弔うための書写だったから 兼実も後鳥羽院も加わっています 九条家は兼実ー良経―道家―四代将軍頼経と続きますから 鎌倉とは深い関係

Dzptmjwvsaavx9n

 

三月の二回目の講演のタイトルが「仙覚律師と鎌倉 ~『万葉集』との関係~」なんです

 

土台にしようとしているパワポの中に 九条家と鎌倉の関係を示すスライドがありました (こういうのがあるから 新しく作るより古いパワポを利用した方が便利です)

Dzpvguuaahcun

九条兼実の項に月輪神社とあります 月輪殿と呼ばれていた兼実 その兼実ゆかりの地が比企にあって 東武東上線(池袋から小川町に行く途中駅)につきのわという駅が 小川町に通い始めた最初の頃みつけて 気になって訪ねたり調べたりしたのも懐かしい

Dzpwqwhu8aaociw

 

私は「鎌倉の」源氏物語や万葉集をしているのですが 九条家のことになると俄然燃え立ってやる気満々になってしまいます笑 やはり公家文化はいいです!

 

右手の痛みはよくなって大分動かせるようになりました 昨日は腰も固まって腰痛を心配したのですが 背骨の歪みを矯正し それで不安解消 パワポに集中しているあいだにどんどん歪んでいたのですね でも今日はもう何もしません うっかり余分なことをして またそれが何かの原因になりかねないから

Dzqdglau0ac1fgf

鎌倉禅研究会二月例会のお知らせをFBにアップしました 2月21日(木)13時~16時半 於建長寺応真閣  第一講「建長寺に宝物を寄附した武士たち ~建長寺什物帳及び鎌倉志料から~ 建長寺調査員鈴木佐先生」 第二講では主管高井正俊様のご案内で境内の見学です 写真は昨年二月例会時のもの

Dzqnmymuyaesigd

天気予報で 明日は太平洋側で強い雨と風 と言われ ぎょっとしたのですが 鎌倉ではなかった… 小川町でした 太平洋側から逆の内陸 随分鎌倉に通ったから つい情報もそのつもりで聞いてしまいます これからどうなっていくのかなあ 叶うなら比企の研究が捗る流れになっていくといいけど

 

早く休まなくてはと思いつつ結局この時間 乗車時間が長いからタブレットを持って行こうとしたら 荷物が重過ぎ 結局読書優先にしてカメラを置いていく 随分通って 撮って でももう撮る必要なくなった気がする これからは書くだけの生活になるのだもの と思う こうしてだんだん絞られていくのですね

 

ずっと文学とはということを考えている 今回徹底的に自分が文学の人だと悟ったから そうして振り返ると 思うこといろいろ 見えてきたこといろいろ ひとつ今日気になったのは なぜ漱石は参禅したのだろうと 参禅したら小説なんか書けなくなるじゃない  漱石はそうは思わなかったのかしら

 

というか そうして書いたのが  あれは小説 小説って 文学と違うの? などぐるぐる なんか 小説が文学であることとは違う文学を私は目指している気がする とか… 今の心境は春の雪の聡子さんに近いです なんか 支離滅裂 ごめんなさい とりあえず 明日が終わるまで ひとつの集中にはなりません

 

2月19日

おはようございます 目覚めて目眩がないのを確認してほっとしています とりあえず無事に今日を過ごせそうと感謝 なにか写真を添付しようと思って カメラロール内を見たら アカシア そういえば昨夜おかしな呟きをして寝ましたものね 私の頭のなかにあった文学は これです

Dzt43e1uwaaauzx

 

もう一枚 本棚の一角 と思って見たら文学の動機 こちらを持って今日は出ましょうか 変容と試行のほうがいい?

Dzt5augvsaa0leo

 

ただいま《雨水》です《陽気地上に発し、氷雪とけて雨水となれば也・暦便覧》

 

無事に車内 朝投稿の本棚の一画は 本棚を晒すのハッシュタグで撮ったもの それが残っていてこのタイミングで目にするなんて 目次を開いて一瞥で文学とは何かがわかりました 自分を探す それなんですね だったら門も文学と納得 文学から離れ長いあいだ異分野を逍遙してたから 根本の処を忘れてました

 

最近 自分は とか 自分らしく とかばかり呟くようになって 自分という語はそれまで使ったことないのに 今の境地には私という語よりぴったりで それって ほんとうに今私は異分野から戻って 自分探しをしているのだと思いました

 

かつて 何度となく通った小川町への車窓 それとなくそれらしい景色に胸熱 今朝ある企画案が閃いて 私には無理だけれど あの方たちならできると思い 提案してみようと思います 忘れなければ(なにしろ間に講演という集中力を使うものがあるから)

 

路線図を見たら つきのわ駅は小川町の二つ手前 ほぼ小川町の範囲 頼経と関係ある仙覚さんと 頼経出身の家の月輪が 比企のこんなところに寄り添っているなんて なにか関係あるのでしょうか 以前調べた時にはこの地に九条家の庄園はなかった

 

高坂駅通過 以前 鎌倉の浄光明寺敷地絵図に 高坂氏屋敷の一画が描き込まれていたのを見た時は なんとなく親近感を感じてしまいました

 

山が見えるんですけど 秩父連山?

Dzuwnlzu8ai0f_8

2月19日

小川町につきました 昼食をとって向かいます

Dzu8txcuwaasvm0

 

これから登ります 顕彰碑まで

Dzvslofuwaec5f2

 

小川町の仙覚律師顕彰碑です

Dzvtyxbv4ae9ebj

顕彰碑から山が見えるのですが 慈光寺様がある山だったらいいなと 眺めています 慈光寺様は山岳寺院で 山の頂上にあります

Dzvurdjvaaiiwmn

顕彰碑に登る予定はなかったのですが 実は間違えて一時間早く来てしまったので 図書館の方にお気遣い頂くのは申し訳ないから 出てきました 館長様は 一時間遅いより良かったと笑

Dzvv88lvsaeoieb_2

 

帰りの車内 小川町について 小川町の方々と 心ゆくまで談笑してきました 山が見える街 っていいですね

Dzwnlkbuwaa6cx

 

談笑会場は酒蔵晴雲 小川町は有機野菜農法推進の街でもあるので 作りたてのお酒とともに野菜の美味しかったこと!

Dzwomfrvyaekrfu

 

ちょこっと飲み比べセット

Dzwobcducaeuxfk

 

デザートは酒粕のブラマンジェ

Dzwomlou0aaszmb

小川町は遠いから 行きはいいけど お酒が入った帰りは辛い 今座れてほっとしてツイート 仙覚さんのことは帰ってからアップします

|

« 2019.2.18 ツイッターから転載…シャルダンから…&二回目の講演に慈光寺経浮上 | Main | 2019.2.24 ツイッターから転載…小川町の講演を終えて 鎌倉禅研究会も終えて これから仙覚さんに専念します »