« 2019.4.26 ツイッターから転載…研究発表に向けての備忘録的雑感(14) | Main | 2019.4.30 ツイッターから転載…研究発表に向けての備忘録的雑感(16) »

2019.4.27 ツイッターから転載…研究発表に向けての備忘録的雑感(15)& ギュスターヴ・モロー展に行きました

4月25日

おはようございます 昨日購入した本 日比野浩信氏『はじめての古筆切』(和泉書院) 楽しみです

 

研究発表が決まりました 大会は8月下旬ですが まずは配布資料130部7月末必着を目指して 専心します

 

これで雷予報なのだけれど…

 

スギナのいる緑の饗宴

 

4月26日

おはようございます 昨日の西園 八重桜がまだ満開でした 桜といえば染井吉野と思っていて 対照的な風情の八重桜に関心がなかったのですが 最近パリの街中の写真をRTさせて頂いていて 八重桜がなんと似合っていること! と感嘆 その枝振りにも惹かれるように ツイッターはほんと感性を変えてきます

 

西園はいわゆる井の頭公園とは離れていますが ジブリ美術館があり そこから三鷹駅まで 綺麗に舗装されたおしゃれな一帯です 美術館前の植え込みに小さな藤が

 

昨日ある方と仙覚さんと『西本願寺本万葉集』の関係について話していたのですが 底本になっているのが文永三年本で でも『西本願寺本万葉集』が重要なのは訓点の付けられていなかった152首に付け終わった『万葉集』だからなので それは寛元四年本 寛元四年本は将軍頼経の命で 文永三年本は

 

宗尊親王に献上 でもそれは文永二年本 等々のことをその方が質問されるから 一つ一つに ではこれはこうですか? あ いえ それは… となって大変でした 仙覚さんの小説を書こうと思ったのは 小説ならその難解さから離れられるからで やはりまた早く小説を書かなければと思ったのでした

 

かつての愛読書 今からは考えられない!

 

せっかく車内で読もうと思ったのに 忘れてきて手持ちぶさた

 

なので昨日撮った写真を 西園の八重桜 花びらが散って絨緞のようになった地面に木の影が延びて

 

八重桜のたわわな房 パリの街中に立つ八重桜に魅了されなければ この写真は撮りませんでした 何年も西園に通ってるけど 今まで皆無

 

ギュスターブ・モロー展 研究発表の応募が終わったら何をおいてもと思っていました かつて中山公男先生の『モローの竪琴』を夢中になって拝読して 道中のお供にと思って愛読書の棚を撮ったのに それなのに忘れて 帰ったら出して読みます

 

絵は ほんとうに打たれたら言葉がないって ほんとうですね

 

中山公男先生『モローの竪琴』 本を忘れて出てよかった 観た後だから理解が深い なぜモローが好きかもわかった こういう世界だったんだよなあ 私の文学も など思う とても危い世界を書いていて 危い世界を好きな師の方から君は上手いなあと言われたり それをやめた時 仲間からあのまま行ったら危いと

 

思ってた とも言われた いつからか(たぶん歴史に入って)すっかりそれを忘れていたけど 本質は変わってないから だから映画空海みたいな世界に惹かれるし(モローの会場でふっと思い出したのでした) 仙覚さんの小説もただの歴史小説でなくなにかを出したいと思っていたり

 

モローは小品の水彩画が好きと思っていましたが サロメのシリーズ 圧巻でした(あれは 他の画家さんは描けない そして モローは他の画家さんと一線を画する 私の中で 完全に)

 

なんにも疑問を感じずに映画空海をRTしたけど なぜ このタイミングに? と今になって不思議

 

4月27日

おはようございます お守りのように今も財布に入れているモローのテレカです 展覧会に行って心機一転頑張ろうと思います TLを見ていて一件心に棘が刺さったTWが 沢山の方に支持されている知性派の方って 一見正しいし素敵なご意見ですが その方達って往々にして挫折を知らないレールを歩いてられますね

 

モローの画 サロメのシリーズは大聖堂のような空間の下の方にサロメやヨハネが描かれている 画家がその時期を過ぎるともうそれはなく人物が画面の中心に サロメのシリーズに飽くなく惹かれたのは ここのところずっとTLで大聖堂の絵や写真を見守ってきたこともあるだろうなあ と思いつつ観ていました

 

モローはなにを描きたかったのでしょうね 美しく衝撃的なサロメばかりが取り上げられてしまうけど 画はそうではない 大聖堂のような空間にいかにしたら効果的な光線の射し具合になるか素描で何枚も試作していて そこにモロー独特の赤と緑の絵具がはっとする具合に配置されて 画は空間そのものでした

 

私は画を描かないけど どんな名作を観ても描きたい欲をそそられることはなかったけど モローだけはずっと 小さな水彩画を観た時から 真似して描きたいと思っていて 昨日大きな油画でサロメを観たけど やはり絵具のタッチからすべて 真似して描いてみたいとどうしようもなく惹かれました

|

« 2019.4.26 ツイッターから転載…研究発表に向けての備忘録的雑感(14) | Main | 2019.4.30 ツイッターから転載…研究発表に向けての備忘録的雑感(16) »