« 2019.4.16 ツイッターから転載…研究発表に向けての備忘録的雑感(8) | Main | 2019.4.20 ツイッターから転載…研究発表に向けての備忘録的雑感(10) »

2019.4.18 ツイッターから転載…研究発表に向けての備忘録的雑感(9)

4月16日

フランス革命以降 自由を信奉し宗教を批判する一般市民により ノートルダム大聖堂には破壊略奪が繰り返されて廃墟と化した ユゴーの『ノートルダムドパリ』の出版が大聖堂復興運動へとなり 1864年に修復が完了した ←ユゴーの大聖堂を書いた意図(3月19日)

 

↑どなたかが3月19日のツイートを発掘して下さいましたので改めて自分でもRT。ユゴーの小説を読んで、作品の主人公が登場人物以上にノートルダム大聖堂だったことに衝撃を受け、それなら私の小説も『万葉集』を主人公にと低迷していた執筆に覚醒したのでした。なので大聖堂には思い入れかぎりなく・・・

 

3月19日だったなんて。今日は4月16日。まだ一か月。なのに今は仙覚さんの小説に自信がつき、それに関連して『西本願寺本万葉集』の研究発表までしようとしている。TLに連日のように流れてくる大聖堂の写真をRTさせて頂きながら力を頂いていました。研究発表要旨、書き直したのでまた一晩おきます

 

4月17日

おはようございます 今日は研究発表要旨を投函します 明日必着です 早めに送って次の原稿にかかりたかったのですが 結局昨夜も寝るギリギリになって冒頭を書き直すような閃きが ギリギリという切迫感がなにか人を突き動かすエネルギーになるよう 余裕をもって書いた原稿って 私の場合 ダメです

 

投函用に封をしました 最後の印字をして読み返していたら眠くなり PCの前でうとうと はっと目が覚めて封筒に入れたり切手を貼ったりしたのですが 原稿からすっかり気が離れていて これでいいかしらという不安や迷いがない こんなにスッキリ抜けるものなんですね 2,3日前と全然違う

 

スッキリして投函とツイートし さて出かけようと思ってポストを見たら入っていました 国会図書館に遠隔複写で頼んだコピー 忘れてたのです 開いてぎょっと このご論考次第では応募できなくなる… とはらはらしながら拝読して 大丈夫でした あ~あ びっくり笑

 

それにしてもこの世界 深そう!

 

投函をして気分軽々ですが たまたま導いて頂いた古筆の世界が 尾州家本の調査の袋小路を打開するかもしれない予感がして これからが本番 わくわくしてます 写真はローズマリーの花 奥に菫の鉢が写っています

 

先日の都立有栖川宮記念公園 もう躑躅の世界でした 都立図書館は広尾のこの公園の中にあります 回遊式庭園の築山の上だから 登るのが大変

 

雑木林は緑が目に鮮やか@井の頭公園

|

« 2019.4.16 ツイッターから転載…研究発表に向けての備忘録的雑感(8) | Main | 2019.4.20 ツイッターから転載…研究発表に向けての備忘録的雑感(10) »