« 2019.4.11 ツイッターから転載…研究発表に向けての備忘録的雑感(4) | Main | 2019.4.13 ツイッターから転載…研究発表に向けての備忘録的雑感(6) »

2019.4.12 ツイッターから転載…研究発表に向けての備忘録的雑感(5)

4月11日

二階の窓を開けたら紅葉がこんな 紅い色が可愛いです おはようございます 木は下から眺めているだけでは気がつかないこと多いですね 我家では毎年この種で小さな芽が生えて 盆栽にしたいけど と悩みます(無理と諦め泣)

 

家に菫が咲く幸せ 二輪目 三輪目も蕾が

 

思いがけず垣間見させていただいている古筆の世界ですが 小松茂美先生『古筆学大成 第十二巻 万葉集 万葉集抄』から金沢文庫本万葉集の項を拝読していたら この写本は残っている全巻一人の人の書 といわれていたのに 古筆の大家の小松先生が第一巻だけ別人と見破られてました 一見似た筆跡です

 

私はこの金沢文庫本万葉集の筆跡から何かをつかもうと考えていたので その参考に使うのを もし第一巻で参照したら 全く結論が別になってしまいますから驚愕 今まで見てきたかぎりでは 古筆の世界のご論考を国文学の世界で役立たせてられるご様子はあまりないような 危惧を感じました

 

まだ研究発表のテーマも絞られてないし 当然応募もできていない(来週半ば締切)のに 夏に大会に行ったら名古屋が近いから熱田神宮さんに参拝しよう その前にやり残すことのないよう原稿を頑張ろうなど 気分がもう先走っています 今朝から笑

 

もうすっかり 雑木林はさみどり

 

風が強いですね 図書館の駐輪場で自転車がなぎ倒されました

 

風が強くて花びらが揺れて

 

夕刻三陸沖でM6.0規模の地震があったよう なぜか三陸沖でこの規模の地震がある時は強風の日が多い 何度かそれを感じていて それで日中 図書館の駐輪場で強風で自転車がなぎ倒されたツイートをしました そして こういう日の強風の空は雲が金属じみた輝きを帯びるレンズ雲風です 今日もそうでした

 

重かった たった二冊なのに 今日図書館で借りたご本 佐藤恒雄氏『藤原為家研究』 よくお世話になるのだけれど 二冊に分けて刊行して下さったらよかったのに といつも思います 厚さで借りるのを諦めたことも何度か笑

 

今日はもう一冊のほうの冷泉家時雨亭叢書を借りに行ったのだけれど 為家研究が眼についたら 今日はなんと迷わず借りました というのは古筆切で伝為家筆源氏物語断簡をずっと見て為家に馴染んでしまっていて

|

« 2019.4.11 ツイッターから転載…研究発表に向けての備忘録的雑感(4) | Main | 2019.4.13 ツイッターから転載…研究発表に向けての備忘録的雑感(6) »