« 2019.5.3 ツイッターから転載…研究発表に向けての備忘録的雑感(17) | Main | 2019.5.6 ツイッターから転載…研究発表に向けての備忘録的雑感(19) »

2019.5.4 ツイッターから転載…研究発表に向けての備忘録的雑感(18)タウンニュース鎌倉版令和元年1日号に学僧・仙覚さんが紹介されました

5月3日

おはようございます といってもじつは徹夜明け 鎌倉の方から令和元年1日号のタウンニュース鎌倉版の写真がメールで届きました 先日TELで記者さんとお話した件の号です 仙覚さんの妙本寺様境内での万葉集研究 核心をついた記事にして下さいました ほんとうに仙覚さんの功績あっての万葉集の鎌倉

 

写真の阿見みどり先生からメールで頂きました 仙覚さんの小説 楽しみに待っています と添えられて (阿見先生は穏やかで優しい方なのですが 強引で笑 私は鎌倉の源氏物語で終わりと思っていたのに 「次は万葉集ね」と その一言で万葉集研究に踏み込むはめになり 今に至っています)

 

おはようございます という時間ではないけれど笑 昨夜田中大士先生のご論考を夜明けまでたっぷり拝読して寝たので 朝の日常がおせおせで今までかかりました 久々のご論考拝読は楽しかったの一言 これからこういう日が続きます 写真はモロー展を観に行った途中の旧新橋停車場 発掘調査の時以来でした

 

田中大士先生「万葉集片仮名訓本と仙覚が見た諸本」拝読 冒頭からしてサスペンスタッチで堪能 これはすでに私が紀州本の結末を知っている上に 昨夜の「長歌訓から見た万葉集片仮名訓本」の下敷があるから 田中先生のご論考8部を取り寄せ 年代順に拝読しているから 紀州本へ至るまでの経緯を辿ってます

 

少し前にTLで田中先生のご講演が名古屋であるのを見たけど 行きたいと思いつつ諦めた そこが紀州本を所蔵されてるらしく 展示もあった あのご講演 終わったのかしら 紀州本 見てみたい

 

お一人の方のご論考をこんなに一気に集めて発表された年代順に拝読するのは初めて 近々のご研究にはすでに接して結果を知っているから その結果に至るまでの前提となった調査の経緯を見せて頂いていることになります 結果を知っていて読む というのはとても新鮮 かつ分かりやすいです

 

拝読した二本のご論考は 2004,2005年ご発表です

 

これから拝読するご論考に古筆切が これは目下拝読中の日比野浩信氏『はじめての古筆切れ』のはじめににある「古筆切をも加味した伝本・本文の再吟味が必要であると考える」ですね

|

« 2019.5.3 ツイッターから転載…研究発表に向けての備忘録的雑感(17) | Main | 2019.5.6 ツイッターから転載…研究発表に向けての備忘録的雑感(19) »