« 2019.5.28 ツイッターから転載…仙覚の小説覚書(134)道家と順徳天皇妃立子さんが加わりました | Main | 2019.5.31 ツイッターから転載…仙覚の所小説覚書(136)権威に対する怒りの発見とか・・・、タウンニュース鎌倉版令和初日号のことなど »

2019.5.29 ツイッターから転載…仙覚の小説覚書(135)慈光寺本承久記のことなど

5月28日

『承久記』 読もうとして取り出したのは初めて 何回も試みては失敗していて 必要がきたらと思っていたのが やっとその時がきたみたい 古書店で買って持っていました

 

開いたらこの本凄かった 巻末に慈光寺本が添付されてました しかも詳細な解説まで 従来の説では慈光寺本の慈光寺は 比企のあの慈光寺ではなく 山科のなんですよね 調べたことがあって 私の結論では山科説もそう確かなものではなかった あの論考 『源氏物語と鎌倉』に反映させていたかしら 忘れました

 

(友達に好かれようなどと思わず、 友達から孤立してもいいと腹をきめて、 自分を貫いていけば、 本当の意味でみんなに喜ばれる人間になれる)

恐れずに自分は自分らしくあれという言葉をRTさせて頂いたけど ほんとうにそうすべきだと思う というのがここのところの実感 遠慮してたから 今まで 影響を怖れていたから 今まで だったもの なんかすっかり自分が変わって それで今まで敬意を表してきた権威ある立場も 怖くなくなりました

 

昨日から順徳天皇妃(道家姉)を考えているのですが 彼女も承久の乱によって人生を抹殺された 甥にあたる頼経と結婚した竹御所に対して人より以上の深い理解を持ったと思う 竹御所 彼女を通して京と繋がっていたかもしれない

 

などと 突然降って湧いたように登場した立子さまです で 先の自分は自分ツイートに戻ると そういう強い自覚でもって これからを書き進めたい ということと そうありたい ということ 遠慮してました ほんとうに今まで

 

声をあげなくてはダメ 抗わなかったらダメ 皇后さまの見事なご復活に 心癒されました

 

慈光寺本承久記が片仮名表記で え また~ となっています 仙覚さんの万葉集註釈がそうで 光行さんの原中最秘抄がそうで たぶん光行さんの万葉集がそう と思ったら慈光寺本まで 他にあまり見ない気がするけど 片仮名表記の系譜って なにか意味ある気がする

|

« 2019.5.28 ツイッターから転載…仙覚の小説覚書(134)道家と順徳天皇妃立子さんが加わりました | Main | 2019.5.31 ツイッターから転載…仙覚の所小説覚書(136)権威に対する怒りの発見とか・・・、タウンニュース鎌倉版令和初日号のことなど »