« 2019.5.6 ツイッターから転載…研究発表に向けての備忘録的雑感(19) | Main | 2019.5.9 ツイッターから転載…研究発表に向けての備忘録的雑感(21) »

2019.5.8 ツイッターから転載…研究発表に向けての備忘録的雑感(20)

5月6日

先ほどの方のメールの閉じは 「お互い世を捨て最後の仕事に専念しましょう」 こういうことを共有できるお相手のいることの幸せ

 

深紅のツル薔薇の蕾 開くと大輪です

 

連休中に国会図書館遠隔複写で得た田中大士先生のご論考を読み終わりたかったので ひと息ついたこれから一気にかかります( 連休中のなんと疲れたこと! やっと自分の時間) それにしても楽しいです この一連のご論考の年代順の拝読

 

仙覚さんがどんなふうに幾種もの万葉集写本を借りたりして得て どんなふうにして自分の万葉集を作り上げていったかの 人脈的動向はつかんだから 田中先生のご論考でそれをどんなふうな様子で机に向かっていたかの情景乃至心境が浮かび上がる その楽しさです

 

田中大士先生「万葉集片仮名訓本と仙覚校訂本」より: 仙覚は校訂に際して、訓が従来の伝本にあるものか、自らが考案したものかについて厳密に区別を行っている ← こういうところにゾクッときます 仙覚さんの姿が見えるよう

 

5月7日

おはようございます 大輪の深紅の薔薇 咲き始めの姿が好きなのですが見逃しました 薔薇は手がかかるから好きだけど植えないと女優の河内桃子さんが言われてたのが心に残っています 私も生垣に憧れるけど無理 昨日アップした蕾はまだ蕾のままです

 

ロフト@吉祥寺に来ました システム手帳の復活でカレンダーのレフィルを買いに 研究発表することになったので締切等の見落としが起きるといけないから 発表用のメモや資料を一括してシステム手帳にまとめました 持ち歩くと重くて目眩になるので止めたのだけど大丈夫そう 健康になったんだなあとしみじみ

 

スケジュールはスマホで管理してたけど システム手帳を復活させたら 今までもなんとなく使ってはいたけどいい加減だったので 筆記具もなにをもってきても決まった感じがなかった なのに カレンダーのレフィルを買ってセットしたら気分がピンとして これはもうモンブランでしょとなって出しました

 

で、早々にスケジュールを書き込んで ひとまず五月末締め切りという電子データの送付を済ませました

 

アヤメでしょうか 毎年悩みます

|

« 2019.5.6 ツイッターから転載…研究発表に向けての備忘録的雑感(19) | Main | 2019.5.9 ツイッターから転載…研究発表に向けての備忘録的雑感(21) »