« 2019.5.31 ツイッターから転載…仙覚の所小説覚書(136)権威に対する怒りの発見とか・・・、タウンニュース鎌倉版令和初日号のことなど | Main | 2019.6.6 ツイッターから転載…日々雑感、明治神宮の森のこと&承久の乱についてなど »

2019.6.4 ツイッターから転載…日々雑感、明治神宮で天皇陛下即位記念蹴鞠奉納を&『吾妻鏡』の会の発表担当でした

6月1日

おはようございます 写真に意味はありません 明日外出なので今日中に発表のレジュメを仕上げなければならないのですが 今回担当の箇所は重要な内容でなく気が楽 逆にいうとつまらない で 頼朝の書状に上西門院の御時とあったその上西門院について深めてます やはり美しい女院はやっていて楽しいです笑

 

発表担当の頼朝の書状は建久二年だから頼朝44歳。上西門院は伊豆に流される直前まで仕えていた女院。13歳で上西門院の蔵人に。御所における儀礼後の酒宴では主賓の平清盛(42歳)に酒をつぐ初献の役を勤めました。44歳で書状をしたためながら、そんなことへの思いが胸中に湧いたでしょうね。

 

上西門院御所は三条南殿。三条通と烏丸通が交差する交差点の南側だそうです。現在はみずほ銀行京都中央支店とか。二月の小川町の仙覚さんの講演で、比企尼の功績をお伝えするために頼朝の出仕について調べたのですが、清盛に酒を注いだ時の装束も乳母だった比企尼たちが整えて送り出したのでしょうね。

 

比企尼さまたち、ご自分が育ててきた頼朝の晴れの姿にほれぼれしたでしょうし、帰宅するまで無事に務められたかなど、さぞはらはらした思いで一日を過ごしたでしょう、など、このあたり、いろいろ思いを馳せています。(男性視点というか、歴史家の方々と視点が違う・・・笑)

 

地図は 小川町の講演でパワポに使ったものです

 

レジュメも人数分揃えたし これであとひとつ 突然取り掛かってしまった原稿を完成させれば 今度こそ完全に古筆の世界に戻れる 発表も取り掛かっている原稿も 新しい掘り起こしでないからやっていて隔靴掻痒 楽しいけどほんとうの意味では楽しんでない やはり私は書くことがサスペンスでないとダメです

 

Twitterが凍結された方の記事を拝読し Twitterでしか交流できていない方との手段をシャットアウトされる怖さを考えたら Facebookがそうした場合の連絡に使えることがわかり もう登録を抹消しようと思っていたのですが 継続させて もし凍結にあった時はそちらに状況を書くことにします

 

なので Twitterのプロフィール欄にFacebookを追記しました

 

6月2日

天皇陛下ご即位記念蹴鞠奉納 明治神宮にて拝観させて頂きました 京都から保存会の方々がお見えになってのご奉納 厳かでした

 

6月3日

おはようございます 昨日の蹴鞠奉納の余韻を引きずって心がゆたかです 膨らんだ袖が翻って風を煽り など イメージがやっと現実感を払拭して浄化して 今日は発表 昨夜から上西門院について考えていてわからなかったことが 一夜寝たら明快に 把握には時間がかかります

 

道中のお供は坂井孝一先生『承久の乱』 昨夜ちらちらっと見たら慈光寺本承久記のことがかなりメインになっていて ? どういうこと? と気になっています 早く拝読したいのだけれど 発表が終わらないうちは無理 今日の午後からあえて自由です! で 目下の道中のお供は発表資料の点検 あ~あ です 発表終わって帰途 どんなに晴々するかと思ったのに どっと疲れが出てしまいました

|

« 2019.5.31 ツイッターから転載…仙覚の所小説覚書(136)権威に対する怒りの発見とか・・・、タウンニュース鎌倉版令和初日号のことなど | Main | 2019.6.6 ツイッターから転載…日々雑感、明治神宮の森のこと&承久の乱についてなど »