« 2019.6.28日 ツイッターから転載…日々雑感、為家本のことなど | Main | 2019.7.5 ツイッターから転載…日々雑感、仙覚さんの小説のことなど »

2019.7.2 ツイッターから転載…日々雑感、為家本のこと、プルーストのことなど

6月27日

為家筆源氏物語本の表を作っています 日常を優先すると いつも結局疲れてできなくなるから 今日は最優先ではじめました デスクトップにモローのサロメを置いているから 入力した表を一緒に考察して頂いているみたい

 

6月28日

おはようございます 憧れの大量投げ入れ TLで木立の花を溢れるほどに活けてられる写真に いいなあと 私もしてみたいなあと思っていて 今朝 道に張り出した西洋ニンジンボクを伐ったのでしてみました 丁寧な暮らしがしたいのに 丁寧にする気力は研究のための調査で使い果たして せいぜい飾る楽しみまで

 

パイロットのデスクペン 書き心地が好きで 調査のノートとりにはこれ と決めて愛用しているのだけれど ここのところの余裕のなさで何ヵ月もインクを切らしたまま使ってませんでした 今ふっとカートリッジを交換 試し書きをしたら 心地のいいこと! 慣れた書き味はやはりいいです!

 

6月29日

おはようございます 私もここのところ ツイッターを見れば心痛むことばかり ぐさっとくることばかりで RTためらってスルーすることも なので風景や綺麗な花の写真に癒されます 目下は文献調査で眼を酷使もしてるから 文字ツイートは失礼して見送ること多くなりました 絶対に平穏な世になって欲しいです

 

TLに流れてきた白アスパラガスのスパゲティ 作ってみました その美味しいこと! 独の方のtwです 私は音楽を封印しているのに 西欧で活躍される音楽家の方々のtwが素晴らしくて新鮮 鎌倉の会でもやはり世界の音楽業界で活躍される方とお話する仲になったのに 私はまだ世界に羽ばたいてないから遠慮がち

 

なるべく離れていたのですが その方は私が源氏物語の研究をしていることに関心を持って下さって 日本に帰ってくるとこんな方と知り合えた って近況報告に書いて下さった 私はそれを読んでなくて 遠慮がずっと続いていたら え〜っ 読んでなかったの? と 違う世界に取り組む人への畏敬って いいですね

 

鎌倉では 凄い! とこちらが気が引けるような方と何人もの方と知り合えました そういう方に共通しているのは 広さ 視野なのか 心なのか わからないけど お話していると気持ちいい方ばかり 今は籠っているけど 早く私も仙覚さんを仕上げて羽ばたきたいです 仙覚さんの小説は鎌倉の源氏物語の終結点です

 

今年はじめてクチナシを植えたく思ったのに 吉祥寺の花屋さんに売ってなくて諦めました 今朝唐突にグリーンスリーブスの曲が浮かんで なんだろう 何か変化あるのかなって思ったら 鎌倉の会の方々との交流が思い出されて ああ やっとこちら側に来たんだと 鎌倉の源氏物語でひとり勝手に鎌倉に乗り込んで

 

ずっと頭を下げてお願いしたり感謝したりだった日々 自分を殺して過ごした数年間でした やっと今年断ち切って 独り籠って やっと自分らしさを発揮していいところまで回復したのかも それで 広さ の心地良さを思い出すことになったよう 窮屈だったんだなあ この数年 としみじみ

 

6月30日

おはようございます 昨日の高遠先生がご紹介された中二でプルーストに出逢ったお嬢様の件 ずっと余韻が続いていて感慨 日本にプルーストが紹介された初期の頃は 中村真一郎先生方が自ら翻訳されたり享受されて そこから日本の文学が変わりました 一言で言って 素敵 に 私はその文学を享受して今がある

 

私のプルースト体験は バラバラな方の翻訳で拝読しつつもどかしかったところ 井上究一郎先生の個人全訳が刊行されて 一気に満たされました でもそれはもう大人になってから なのに昨日のお嬢様は中二で高遠先生のご翻訳でプルースト体験をされている ある意味ショックでした 文学との出逢いの最初が

 

プルースト! という方々がもう育っていられるんですね 中村真一郎先生方の時代の文学革命第二弾 のような新鮮さを覚えています また文学が変わるでしょう もしかして 私の知らなかったうちに それはもう進んでいるのかも!

|

« 2019.6.28日 ツイッターから転載…日々雑感、為家本のことなど | Main | 2019.7.5 ツイッターから転載…日々雑感、仙覚さんの小説のことなど »