« 2020.3.14 ツイッターから転載…日々雑感、九年目の3.11に&建礼門院徳子さんと光行さん浮上 | Main | 2020.3.20 ツイッターから転載…日々雑感、新型コロナ肺炎が日増しに深刻になって心配しています&源氏物語絵巻の料紙のことなど »

2020.3.16 ツイッターから転載…日々雑感、原稿が乗ってきました&待賢門院璋子さんの法金剛院へ

3月14日

おはようございます 今日は雨ですね 起きたばかりのたった今思いついたのですが 前編で光行さんを書いておくのは意味ありました 光行さんが下向するとき 京の雲居寺で万葉集を書写して持って来て それを親行が書写して持っていて それが仙覚さんが頼経に命じられて万葉集の校訂をした時の底本の一本に

 

頼経は仙覚さんに四冊の万葉集を貸し与えます 1つがこの親行本 あと あの実朝が定家から贈られた万葉集の右大臣家本とあと二冊です だから前編で光行さんと実朝をしっかり書いておくのは意味ありました!

 

乗ってきたのだなあとしみじみ これを掴みたくて一年苦しみました 書いていて溢れるほどの境地 ただ思い上がることはないと自戒します 義時の娘を出さなければと考えていたら義子に ならば遠元娘も瞳子でなく遠子に変更と 思念が止まりません

 

さっきのクリスマスローズがちょっと暗かったから再投 シンプルなクリスマスローズですが さっきの斑入りの大柄のより好きで どうしても一本だけある斑入りを貴重に思ってしまうのですが

 

3月15日

おはようございます 白河院と待賢門院璋子さんを書ききって 推敲したら後白河院と建春門院滋子に入ります その前に璋子さんの法金剛院を 源氏物語がベースの繋がりです そうしたらいよいよ最勝光院 順調です 滋子さんの花を何にしようか考えているのですが 薔薇 かなと

 

法金剛院では池に舟を浮かべて周遊したそうですね 後白河院が親しい姉の上西門院統子さんと一緒に建春門院滋子さんを伴って そんなことを描けたら・・・

 

深夜3時 週末の家族の世話から解放されたらこの時間 朝一で若紫の記事が載っている朝日新聞を買っていたのですが やっと眼にしています つくづく鎌倉の源氏物語と万葉集は車の両輪と思う 『源氏物語と鎌倉』のあと光行さんを書きたいと思っていたのだけれど 万葉集にとりかかって仙覚さんを書くことに

 

なり 光行さんはそれが終わってからと思っていました なのに仙覚さんの小説が堅苦しい伝記にしかならず何か足りないと必死にもがいていたら源氏物語が浮上 入れたら自ずと光行さんが入ってきて 仙覚さんの小説がふくよかになりました それでタイトルも華鏡となって でもこれは合鏡でもあるのですね

 

原稿がそろそろ法金剛院に移れそうだから かつての資料を出してきて再読 改めてこの世界いいなあとわくわく 滋子さんの最勝光院 璋子さんの法金剛院と関わりがあったんですね(既に読んでいるのに忘れててびっくり タイトルを見たら思い出しました) お花のファイルはルノワール 大分前のだから色褪せて

 

うっかりしていました 『源氏物語絵巻の謎を読み解く』によると 絵巻の担当は白河院が図絵 待賢門院璋子さんは紙 ここを読んで璋子さんが紙の調達をしたように思ってしまっていましたが 璋子さんは絵巻の料紙を作るのを任されたんですね 源氏物語で紫の上が女房を駆使して殿方の装束を作ったように

 

写真は国宝源氏物語絵巻の料紙の一筆箋です 私は御法巻の料紙がそれはとても好きで 源氏物語の料紙は他の料紙と格が違うと常々思っていました これが璋子さんの制作とすると 璋子さんのセンス 凄いです

|

« 2020.3.14 ツイッターから転載…日々雑感、九年目の3.11に&建礼門院徳子さんと光行さん浮上 | Main | 2020.3.20 ツイッターから転載…日々雑感、新型コロナ肺炎が日増しに深刻になって心配しています&源氏物語絵巻の料紙のことなど »