« 2020.3.2 ツイッターから転載…日々雑感、「鏡」のスタイルだと理解してできたタイトル『華鏡』、気に入っています→玄覚さんの独白バージョン冒頭を公開 | Main | 2020.3.7 ツイッターから転載…日々雑感、建春門院滋子さんは若紫の系譜&奈良円成寺と最勝光院が寛遍僧正を介してつながりました、両方とも宇治平等院形式の庭園です »

2020.3.4 ツイッターから転載…日々雑感、無理に書こうとしても時宜という天の思し召しがあるんですね&やっと原稿が動き出しました

3月1日

おはようございます 玉川上水べりの水仙がこんなに満開 TLで欧州在住の方が 日本の春はピンクだけど欧州では黄色 と呟いてられるのを読んではっとしました 日本だけにいると一斉に桜色に染まる春だけど そういうことで見失っている感性があるんですね 黄色の水仙 昨日はとても新鮮に映りました

 

水仙の隣に これも黄色の花 名前を知らないし 去年はなかった気がする たぶんTLでのはっとした衝撃がなかったら眼にとめなかった 気づき って感性の覚醒なんだなあとしみじみ感じました

 

水仙と名前を知らない黄色い花の咲いている様子を対岸から撮るとこんな感じ

 

何年も書く書くと言って書けないでいたから やっと書き進んでいると嬉しくて早く仕上げて今までの狼少年イメージを払拭したいと思うのだけれど 今度は深まってそう簡単に進まない そういうところにこのご時勢 夏頃には発表できると思った当初を大幅に越えて多分来年 このご時勢ではその方がいいですね

 

焦っても 頑張っても 時宜という天の思し召しがあるなあとは いつも思います その時宜に至るまで痛い目にあったり苦しまされたり 当初は恨んでもそのお陰で時宜を得るところに至る 振り返ってみればその方々に感謝していると気づきます そうでなかったら生半可なまま突っ走ってたでしょうから

 

何日か前に撮ったミモザです これも黄色 今のようなご時勢ではTLに花をという心配りも素敵です 中止した会の方からのお返事には みんなで無事に乗り切りましょうねと

 

時宜のツイート 恨むというような語は今まで使わないようにしてきたのですが なんか もう いいかなって あえて事実だったことを書きました 内心 こういうことは見て下さる方に不愉快を及ぼしてしまうと危惧しながら なのに 今見たら いいねを下さった方々が 意を汲んで下さったのだと涙ぐみました

 

心から ありがとうございます

 

3月2日

おはようございます といっても12時を過ぎてしまいました 珍しく長電話していて 会の中止の件であまり話していなかった方と長電話する仲に 歴史の会の方だから話がはずんで山槐記の面白い記事を教えて頂きました 山槐記 どうも読む必要ありそう こういうお付き合い してなかったなあと

 

写真は、去年撮った菫 また咲いてくれていました

 

なんの奥書かメモしてなくて忘れたけど 玄覚さんの名前 玄覚さんの独白バージョンは玄覚さんがこうした書写活動をして交流関係を残してくれていたから 話変わるけど 朝の長電話で玉葉も吾妻鏡も国会図書館のデジタルコレクションを使えば と教えられた 知ってはいたけど面倒だから広尾まで行ってました

 

PCの最初期の容量オーバーするとすぐ強制終了となった恐怖のトラウマで 未だにダウンロードとかデジタルコレクションとかが怖くてしないまま過ごしていたのですが 朝の長電話の彼女がタブレットをいじりながら国会図書館のデジタルコレクションのページを出して読んでいるので もうやるしかないかと

 

玉葉が家で検索して読めるなんて大きいですよね 私はほんとうにPC初期の人だから 強制終了の文字が出た時の恐怖ったら なのに最近始められた方は強制終了の怖さをご存知無いからサクサクとデジタルコレクションなどいろいろ使いこなされて 私より一歩も二歩も先に進んでいられる不条理笑

 

3月3日

おはようございます 今朝の緒環です 昨夜は深夜ベニスに死すを観賞 初めてで頑張って起きていました 観ていた時より起きた今のほうが余韻深く 最後の頃の消毒の場面が今は現実で切実でした

 

最近 というかシルヴィを読んだ時に気づいたのですが 文学も芸術も今まで男性主体の ある意味上から目線的な男性目線 とても耐えられない気が シルヴィは小説の構造を探ってそれを克服したのですが ベニスに死すもまたそれを感じて 対象が少年だったから美の普遍化になっていて救われました

 

文学でいえば女流作家さんがいるのだけれど なんか まだ 普遍化した文学になっていない とシルヴィの頃からそんなことを考えていたら 源氏物語は違う! となって愕然としました 深い哲学思索がある 紫式部は女流作家ではないんです 私はそういう文学を目指したい

 

あれから吉祥寺に出てなかったのでもう売り切れたかと思っていたのですが あったので買ってきました 緒環 紺色と思っていたけど薄い紫?かも 薄い臙脂もついでに これで三色(ちょうど鉢が三個あって) もう今日は鉢植は諦めて写真だけご紹介

 

やっと原稿が動き出しました せっかく後白河天皇と寛遍僧正の項に入ったのに週末 そして私事の諸々で集中できず 原稿に向かっても理でしか書けなくてストップしていました 写真の小見出しは中野幸一先生の正訳源氏物語 後ろの原稿が理でしか書けずに詰まっていた書き散らし 今やっと切口をつかみました

 

文章として流れるには知識から離れることが重要 調べて知った興奮から書いてもいいものが書けず ずっと醸造することが大事だから 週末とかの集中できない期間を醸造期間と思って諦めているのですが それにしても進行が遅い もっとピッチを上げなければ

|

« 2020.3.2 ツイッターから転載…日々雑感、「鏡」のスタイルだと理解してできたタイトル『華鏡』、気に入っています→玄覚さんの独白バージョン冒頭を公開 | Main | 2020.3.7 ツイッターから転載…日々雑感、建春門院滋子さんは若紫の系譜&奈良円成寺と最勝光院が寛遍僧正を介してつながりました、両方とも宇治平等院形式の庭園です »